今回は、外壁の劣化によって起きてしまった雨漏り修理工事と、痛んでしまった内装の原状復帰工事をご紹介します。

雨漏りしてしまうと、まず最初に目に付くのが、部屋内の痛んだ部分になると思います。

どうしても気になってしまい、雨漏りの修理工事と同時に部屋内も直そうと思ってしまうかもしれませんが、あまりお勧めしておりません。

理由としては、二つ考えられます。

まず一つ目は、雨漏りの修理工事後に、雨漏り再発が起きた場合、気付きにくくなってしまうからです。

窓枠(サッシ)周りからの雨漏りの場合を除いてほとんどの場合は、天井板の腐食や壁紙の剝がれなどで、雨漏りだと気が付きます。

そうなるまでに、早くても半年から1年近く経っているのが現状です。

もし、雨漏り修理工事と同時に部屋内を直して、雨漏りがちゃんと止まっていなかったらどうなるでしょう?

また、雨漏りだと気が付くのに半年から1年掛かってしまいます。

建物にも良くありませんし、何よりせっかく直したお部屋の費用が無駄になってしまいます。

二つ目の理由は、費用が安く済むかもしれないからです。

壁紙が剥がれてしまった場合、ほとんどのケースで石膏ボードまで痛んでいます。

すぐに直すとなると、石膏ボードの貼り替え工事まで必要になり、クロス壁紙のみの貼り替え工事に比べると、当然、高額な工事になってしまいます。

しかし、きちんと雨漏りが止まり、数か月間掛けて乾いてくると、痛んだ石膏ボードは、パテ処理で済むかもしれません。

そういった点から、雨漏り修理後すぐに内装の原状復帰工事はお勧めしていません。

今回ご紹介する雨漏り修理工事では、弊社で一貫して内装工事まで行わせていただきました。

エリアは、東京都三鷹市です。

まずは、雨漏り箇所の確認からです。

1階の出窓周りで雨漏りしていました。

外に周り外壁を調査すると、何か所コーキング材で補修をしている箇所を見つけました。

どうやら、これでは雨漏りは止まらなかったようです。

手が届かない位置にひび割れ箇所を見つけました。

梯子を立てることが出来ない場所のため、補修を入れることが出来なかったのでしょう。

今回の雨漏りは、足場を組まないと修理することが出来ない状況でしたので、ひび割れ箇所に補修を入れて塗装工事でしっかりと雨漏りを止める内容で修理することになりました。

施工後写真

 

1面のみの塗装工事でしたが、他3面と似た塗料で塗ることが出来ましたw

半年後に工事させていただいた内装原状復帰工事もご紹介したいと思います。

雨漏りによって腐食してしまった箇所は、出窓周りだけでしたが、見切りの良いように1面全ての壁紙を貼り替えさせていただきました。

半年間掛けて乾かせたので、下地材の工事はほとんど必要ありませんでした。

収納スペースに出来てしまったカビの撤去のみで済ませることが出来ました。

今回のご依頼者の方の雨漏り修理工事のように、必要部分のみの修理工事の提案や、なるべく無駄な費用がかからない方法での提案をさせていただいておりますので、雨漏りにお悩みの方は、是非雨漏りレスキューに一度ご相談下さい!

年中無休で受け付けております!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など