前回は、火災保険の降りた保険金内での雨漏り修理工事の施工事例をご紹介しました。

今回は降りた保険金に自己負担金を足した雨漏りの修理工事をご紹介します。

東京都江戸川区にお住まいのA様は、2019年の台風15号の過ぎ去った朝、自分の家の屋根を見てびっくりしました。

下から見ても明らかに屋根の一部分が飛んでしまってます。

慌てた東京都江戸川区のA様は雨漏りしないか不安になり雨漏りレスキューに調査の依頼をしました。

後日、屋根の上に登り屋根の状況を確認したところ、あちこちに強風での被害が見られました。

この様に瓦がめくれたり、棟や漆喰が崩れた場合も火災保険適用となります。

しかし、実際に支払われる保険金は前回もお話ししましたが、あくまで現状復旧範囲内です。

東京都江戸川区のA様のお家ではまだ雨漏りしている箇所は見当たらなかったのですが、建物の築年数から考えても

小手先での補修工事では今後雨漏りするのは目に見えていました。

そこで、負担する金額は出てきますが、屋根の葺き替え工事のご提案させていただきました。

もちろん降りた保険金に自己負担分を足して屋根を葺き替えるわけですから決して悪い話ではないことは明らかです。

そして実は、東京都江戸川区のA様のお家が建っている場所は今後建て替え工事が出来ない場所にもなっていたため

今後のことも考え、屋根を新しく葺き替えることにしました。

このような築根数が経っている古いお家の屋根の葺き替え工事は建物を軽くする意味でも、とてもお勧めです。

では施工事例をご紹介していきます。

まずは、既存の瓦を撤去していきます。築年数が古い建物では防水シート(アスファルトルーフィングシート)の代わりに

泥を屋根に固めて雨水の侵入を抑えてきました。

そのため、瓦をめくると泥が乾いて砂になってしまってます。

撤去するのも、比較的築年数が浅い建物に比べると手間が掛かりゴミも多くなってきてしまいます。

既存の瓦や砂を撤去したら、野地板を張っていきます。

既存の屋根がスレート屋根(コロニアル)の場合と違い下地の野地板が必要となってきます。

野地板の新規での張り工事が終わったら防水シート(アスファルトルーフィングシート)を被せていきます。

東京都江戸川区のA様のお家の屋根の構造が少しいびつな形をしていたので何重にも被せて雨漏りしないように施工しました。

防水シートを張り終えたら、ガルバリウム鋼板の屋根材の屋根材を葺いていきます。

最後に谷や棟周りから雨漏りしないように丁寧に施工をしたら無事施工完工です。

 

 

少し古くなったお家でもこのように屋根を金属の屋根材で葺き替えることにより綺麗に見えます。

また、瓦屋根に比べると屋根材もはるかに軽くなるためお家にとっても良いことだらけです。

屋根の雨漏りでお困りの方や葺き替え工事を検討中の方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい。

年中無休で受け付けております。

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など