今回は、雨漏りの修理で大活躍の、板金を使った修理工事を2件ご紹介したいと思います。

板金はサビて穴が開かない限りは、水を通しません。

そのため、お家のいたる所で使われています。

最近は、ガルバリウム鋼板という材料が良く使われていますが、とてもサビにくく、耐久性も高いため、我々も使わせていただいております。

また、加工のしやすさが人気の理由になっています。

板金を加工するために必要な板金折り機をお客様の自宅に持ち込み、あらゆる形の板金に加工することが出来るので、多くの方の修理工事に対応させていただいております。

まずは、1件目の修理工事をご紹介します。

千葉市花見川区の方からのご依頼でした。

地下室から見える、明かり取り窓からの雨漏り修理依頼です。

上から見るとこんな形の明かり取り窓でした。

外壁との隙間のシールが劣化していました。

数年前にも同じ箇所からの雨漏りに悩んだ依頼者の方は、シールの打ち直しをしたそうです。

しかし、また雨漏りしてしまったため、今回はきちんとした修理をしたいと考えていたそうです。

きちんとした修理となると、窓枠から交換する工事が一番最初に考えられますが、費用面で考えるとあまりお勧めは出来ません。

依頼者の方としては、雨漏りが止めれば部屋が暗くなっても構わないとのことでしたので、板金で明かり取り窓を被せてしまう修理方法を提案させていただきました。

施工後です。すべて現地で測った寸法で板金を加工・取り付けを行いました。

2件目は、千葉県習志野市の方からのご依頼です。

1階窓周り2ヶ所で起きた雨漏り修理依頼でした。

2ヶ所とも雨漏りしているのは、霧除け板金の下です。

見てみると、ジョイント箇所が劣化によって開いてしまっていました。

サビて穴が開いてしまった訳ではありませんが、このような箇所から雨漏りしているのをたくさん見てきました。

今回の依頼者の方も、確実に止める方法で修理して欲しいとのことでしたので、霧除け板金を重ね貼りする方法で提案させていただきました。

今回はまだ雨漏りしていない箇所が1ヶ所ありましたが、そこも含め合計3ヶ所修理しました。

ガルバリウム鋼板を使った修理工事は、雨漏り再発保証期間が10年間となります。

また、板金工事は雨漏りレスキューの得意としている工事ですので、仕上がりにも自信があります。

当然、自社施工ですので、費用面でも他社に負けない自信もあります!

相見積で工事代金が高いと感じた方は、一度雨漏りレスキューにご相談下さい。

年中無休で受け付けております!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など