今回は、投資物件で起きてしまった雨漏りをご紹介します。

地区が、千葉県市原市エリアでした。

建物を所有している方からのご相談でした。

「貸しに出している物件で雨漏りが起きました。早く雨漏りを止めてあげたいので、最短日での調査・見積りをお願いします。」

といった内容でのご相談を受けさせていただきました。

まずは、入居者の方の予定に合わせて、伺わせていただくのですが、ここで今回のケースのような投資物件での雨漏り修理の流れを説明したいと思います。

そもそも、建物の所有者の方は当然、雨漏りしている物件には住んでいない状況です。

そこでまずは、入居者の方との日程調整が必要になってきます。

ここで、入居者の方とアポイントメントを取っていくのですが、大きく2つの方法でアポイントメントを取っていくことになります。

1つ目の方法は、建物を管理している管理会社(不動産会社)さんが直接入居者の方と連絡を取り、現地調査日を決めていきます。

2つ目の方法は、修理業者である、我々が直接アポイントメントを取る方法です。

管理会社さんによって方法は異なりますが、大きく分けてこの2つの方法で、まずは現地調査日を決めていきます。

雨漏りレスキューでは、直接入居者の方と連絡を取る方法をお勧めしております。

理由としては、管理会社の方の負担を減らすことにもなりますし、入居者の方からしてみれば、お家の中に業者を入れることになるため、色々と聞きたいことが事前にあると思います。そういった質問などを直接お聞きし、答えていくことによって、入居者の方の不安や負担を減らすことができる為です。

次に、現地での調査です。

現地調査に関しては、持ち物件で起きてしまった雨漏りの調査と流れは変わりません。

まずは、雨漏りしている部屋内を見させていただきます。

そこから、雨漏りの原因箇所を特定していきます。

原因箇所の特定が終わったら、見積り書を送らせていただきます。

ここでも、2パターンの方法にわかれます。

直接、所有者の方に送るか、管理会社の方に送るかですので、ご希望の方法をお伝え下さい。

ちなみに、今回のご依頼者である、物件の所有者方は、直接入居している方とアポイントメント取り、見積りも直接送る方法での調査・見積りでした。

それでは、まずは雨漏りの調査内容からのご紹介です。

今回雨漏りしているのは、2階の寝室天井とのことでした。

見てわかる通り、天井板に雨染み跡が出来ているのが確認出来ます。

ちなみに、この物件は木造住宅の2階建て物件でした。

雨漏り箇所の上は、屋根になっているので、屋根に上がって雨漏り原因箇所の調査に入ります。

屋根に上がり見渡してみると、構造が瓦屋根になっているのがわかりました。

割れてしまった瓦や、大きくズレてしまった瓦がないか、まずは屋根全体を調査します。

屋根全体を細かく調査しましたが、どうやら目に見てわかる割れてしまった瓦や、大きくズレている瓦などは、見つかりませんでした。

瓦屋根での雨漏りの場合、そのような、わかりやすい破損個所などが見られない場合は、漆喰が痛んでいないか調査する必要があります。なぜなら、長年メンテンナンスをせず、痛んでしまった漆喰からは、雨漏りしてしまうからです。

しかし、漆喰が痛んでいたとしても、すぐに漆喰が雨漏りの原因箇所と決めつけることは出来ません。

漆喰が原因箇所であるかは、雨漏りしている場所や、屋根の構造などを見極める必要があります。

そこが、調査する上で一番重要なポイントとなります。

そして、今回の雨漏りの原因箇所が漆喰にあることが細かい調査によって判断出来ましたので、漆喰の塗り替え工事によって雨漏りを止めることが出来ました。

調査時の漆喰状況

修理後状況写真

屋根で起きた雨漏りの場合、防水シートを貼り替えねければ雨漏りを止めることが出来ないケースもあります。

その場合、屋根のリフォーム工事となるため高額な見積り内容になってしまいます。

ご自身が、この先も長く住む家なら、思い切って屋根のリフォーム工事をすることもできますが、投資物件の場合は、なるべく費用を抑えたいと思うのが当然です。

今回のケースでは、大掛かりなリフォーム工事を行わずに、無事雨漏りを止めることが出来たため、大変喜ばれました。

雨漏りレスキューでは、確実に雨漏りを止める方法でしか、修理方法をご提案させていただいておりません。

人それぞれ、状況や事情があるとは思います。

そういった中での最善方法をご提案させていただいておりますので、他の業者では納得のいかない修理方法や見積り金額にお悩みの方は、一度雨漏りレスキューにご相談下さい!

今回の工事料金:150.000円

今回の工事日数:2日間

雨漏り再発保証期間:なし(漆喰箇所7年)

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など