今回は、屋根からの雨漏り修理依頼をご紹介したいと思います。

東京都台東区にお住まいの方から、お問合せをいただきました。

ご相談内容は、『数年前から雨漏りしていて、修理しないといけないとは思っていたけど、直さず放置してしまっていた。しかし、最近は少しの雨が降る度に雨漏りするため、一度ちゃんとした修理をしたい。』

といった内容で、雨漏り修理調査依頼をいただきました。

また、『調査や見積りは無料か?』とも質問をいただきました。

調査や見積りが有料の業者も存在しますが、雨漏りレスキューでは、調査・見積りまでは、無料でやらせていただいております。

まずは、現地での調査からです。

お電話でのヒアリングの際にいくつか質問させていただいております。

雨漏りしている箇所や状況、雨漏りしている部屋の上に屋根が有るかなどです。

なぜならば、調査当日に雨が降ってしまい、屋根に上ることが出来ない時は、また別日にお伺いすることになってしまう場合もあるからです。

しかし、雨が降っていても調査が出来る場合もあるため、ヒアリングの際に細かく状況をお聞きしております。

今回のご依頼者の方の雨漏り状況ですと、屋根に上がる可能性が高かったため、なるべく天気が良さそうな日に伺わせていただきました。

そして、雨漏り箇所の確認をすると、2箇所雨漏りしているのが確認出来ました。

まずは、1箇所目の雨漏り状況です。

何年も前から雨漏りしていたため、クロス壁紙が剥がれてしまい、ボロボロになってしまいました。

この雨漏り箇所の上の屋根に上がると、コーキング材を使った補修の跡がありました。

ご依頼者の方のお話を聞くと、以前に雨漏りした時にご自身で修理されたそうです。

しかし、2年が経った頃にまた雨漏りしてきたとのことでした。

また、この雨漏りしている場所は建物を増築した時の境目箇所でもあるとのことです。

建物の増築は、知識や経験が豊富な職人が施工しないと雨漏りすることが多いため、注意が必要です。

そのため、調査の際も雨漏りの原因箇所の見落としが無いか細かいチェックをします。

1箇所目の雨漏りの原因は、立ち上がり箇所からの漏水でした。

コーキングが劣化してしまい、雨漏りしていたため、完全に雨水の入り口を塞ぐために、板金工事で雨漏りを修理することしました。

施工後写真

立ち上がり箇所から雨漏りしないように、防水シートを巻き上げる様に貼ってから板金で被せました。

続いて、2箇所目の雨漏り調査です。

こちらは、先ほどの雨漏りしていた隣の部屋になります。

天井から雨漏りしてきているのが、見てわかったので、屋根に上がってみました。

すると、錆びて劣化している瓦棒葺き屋根を発見しました。

瓦棒葺き屋根の雨漏りの場合は、縦に入っている木の棒(心木)周りから雨漏りするケースがほとんどです。

心木を被せているキャップ周りから入った雨水が、雨漏りを引き起こすため、新しく屋根を葺き替えなければ雨漏りを止めることが出来ません。

また、ご依頼者の方の家の屋根は錆びがかなり進んでいました。

このままでは、いずれ屋根に穴が開いたりしてしまう可能性も高かったので、今回きれいに屋根を葺き替えることになりました。

まずは、既存の屋根を撤去して、防水シート貼ります。

次に、心木をしっかりと、均等の幅に設置して、ガルバリウム鋼板の板で屋根を被せます。

最後に、棟に貫板を取り付けながら棟板金を被せたら完了です。

どんなに進行してしまった雨漏りでも、手遅れということはほとんどありません。

建物の立て直しも考えているからと、あきらめていた雨漏りも案外安く直りかもしれません。

確実に雨漏りを止めたい方や、安心の保証が欲しい方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい!

年中無休で受け付けております!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など