今年は台風の上陸はありませんでしたが、雨の降る日がとても多く感じます。

特に7月は雨の日が続くために雨漏り修理工事が思うように進まなかったのを覚えてます。

今回はそんな7月中にいただいた施工依頼をご紹介したいと思います。

東京都江東区の方からのお問い合わせでした。

実は別の業者の方に一度見に来てもらい、見積りまで出してもらってたそうです。

いざ修理工事をお願いしたら、

「すぐに工事に取り掛かることができず、3か月後になってしまう。」

と言われたそうです。

依頼者の方は、なるべく早く修理工事に取り掛かってもらえる業者を探していました。

そこで雨漏りレスキューにお願いすることになったのです。

雨漏りは雨が降る度にかなりのストレスを抱えることになりますので、早く修理してもらえる業者を選ぶことがとても重要です。

我々もなるべく早く修理工事に取り掛かれるよう緊急性を持って毎日取り掛かっています。

しかし、一度現場を調査してからでないと、どういった修理工事が必要なのかわかりません。

わからない以上、いつ頃修理工事に取り掛かれるのかもはっきりと言えないので、まずはお伺いさせていただき雨漏り調査をさせてもらいました。

依頼者の方のご自宅は、2階建木造住宅でした。

雨漏りしているお部屋に案内してもらうと、どうやら1階のサッシ周りから雨漏りしているようです。

この雨漏り箇所の上、2階のベランダがあるとのことです。

早速2階に行きベランダ周りを調査させていただきました。

ベランダの上にはよくあるデッキ材が敷いてありました。

少しめくってみて中を覗くと金属でできているベランダなのが確認できました。

さらに奥には口の開いたジョイント箇所があるのが発見できます。

今回の雨漏りの原因はこのジョイント箇所からの漏水のようです。

しっかりとした補修を入れ、防水工事をすれば止まる雨漏りであることと、2週間前後で工事に取り掛かれることも伝えました。

依頼者の方にも納得してもらい、後日工事に入らせていただきましたので、施工の流れを写真を使って少し説明させていただきたいと思います。

まずは、防水工事をするためにデッキ材を取り外します。そして、ベランダ全体をきれいに掃除します。

次に雨漏りの原因箇所の口の開いているジョイント箇所にシリコンで補修を入れます。

乾いたらプライマー・ウレタンの順番で塗膜します。

そして防水工事は、仕上のトップコートを塗膜して完了です。

最後にデッキ材を元に戻し施工完工です。

今回の依頼者の方のように、なかなか工事に取り掛かってもらえず困っている方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい。

まず調査日程の調整からになりますが、可能な限り早く伺わせていただきます。

そこで、ある程度の工事日程もお伝えさせていただきます。

他社さんより早く修理工事にとりかかれるよう努力していますのでお任せください!

年中無休で調査お見積り受け付けております!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など