今回は、下屋根(瓦棒葺き屋根)で起きた雨漏り修理工事をご紹介したいと思います。

お問合せをいただいた方は、千葉市稲毛区にお住まいの方です。

『強い雨が降ると、雨漏りするため一度見に来て欲しい。』

といった内容でのご相談をいただいたので、まずは現地無料見積り調査に伺わせていただきました。

雨漏りレスキューでは、現地調査~見積りまでは、無料で受けさせていただいております。

まずは、室内で起きている雨漏り箇所の確認からです。

ご依頼者の方に案内された雨漏りしている部屋は全て1階でした。

そして、複数箇所で起きている雨漏りは天井の上で雨漏りしているのがわかりました。

雨漏りしている部屋の上には、ベランダと下屋根が広がっていたので、ベランダと下屋根周辺を調べてみることにしました。

瓦棒葺き屋根で起きている雨漏りの原因で多いのは、飛散物などで、屋根に穴が開いてしまった場合です。

その場合は、目で見て原因箇所が分かるため、その場での補修工事で雨漏りを止めることができます。

しかし、ご依頼者の方の家ではそのような破損個所が見当たりませんでした。

ましてや、複数箇所で雨漏りしてるため、そのようなケースであることは考えにくい状況です。

もう一つ、瓦棒葺き屋根での雨漏りで多い原因箇所があります。

それは、均等な幅に取り付けている心木と呼ばれる木材の周りからの雨漏りです。

この心木には心木キャップと言われる金属製のキャップを被せますが、屋根を葺き替えてからおよそ15年近く経つと、心木キャップの周りから強い雨が降ると屋根の中に雨水が入り込んでしまいます。

そうすると、雨漏りが起きてしまうのです。

心木キャップ周りから雨水が入り込むのを防ぐには、塗装工事ではどうすることも出来ない為、そういった点はスレート屋根と少し似ているとも言えます。

では、どのような修理方法で心木キャップ周りからの雨漏りを止めるかですが、一番簡易的な方法としては、心木キャップ周りをコーキング材で補修を入れる方法です。

しかし、コーキング材が劣化して剥がれてしまっては、また同じことの繰り返しになってしまいます。

あくまで補修工事のために、建て替えやお家を売りに出す予定の方にはお勧めできます。

ですが、ご依頼者の方にはそのような予定は無く、この先もずっと、このお家で生活していくつもりでした。

そうなるときちんとした修理方法で雨漏りを止めなければなりません。

結局のところ、屋根からの雨漏りの場合は、防水シートの劣化が原因のため、防水シートを貼り替えなければなりません。

そうなると、屋根を葺き替える工事になってしまいますが、屋根からの雨漏りを止めるには、例外はあるにしても、葺き替え工事が1番確実です。

ご依頼者の方もきちんとした修理を望んでいたので、今回は屋根を防水シートから貼り直す葺き替え工事で修理することになりました。

では、施工の流れをご紹介します。

まずは、ベランダを解体して、既存の屋根材を撤去していきます。

撤去したら、下地のコンパネ板(野地板)を貼ります。

コンパネ板を貼ったら、次は防水シートを貼ります。

防水シートを貼ったら、心木を設置して加工したガルバリウム鋼板で屋根を葺いていきます。

心木キャップを取り付けてベランダを元に戻したら、施工完了です。

当然、屋根の葺き替え工事に対しては、雨漏り再発保証期間が10年間付きます!

雨漏りにお悩みの方は一度雨漏りレスキューご相談下さい。

お客様のご希望に添った修理内容でのご提案をさせていただきます!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など