今回は、ちょっと変わった場所からの雨漏り修理工事を、調査も含めてご紹介したいと思います。

ご相談いただいた方は、賃貸物件を管理している管理会社の方でした。

地区は、東京都大田区エリアです。

「風の強い日に雨が降ると、2階のトイレの天井から雨漏りするため修理して欲しい。」

といった内容でのご相談でした。

テナントさんと日程調整を行い、まずは現地を調査させていただきました。

案内されたお部屋(トイレ)では、確かに雨漏りの跡が確認できました。

※部屋の角にぼんやり白く跡があるのが、雨漏りの跡です。

壁(外壁)から雨漏りしたとしても、このような箇所から雨漏りすることはほとんどありません。

大方の場合は、サッシ(窓枠)周りから雨漏りしてくるため、これは「ちょっと特殊な箇所からの雨漏り」だなと、気が付きました。

外から雨漏り箇所を見てみると、配管がちょうど雨漏りしている箇所から伸びているのが確認できました。

この配管周りで何かしらの雨漏りの原因があると思い、新しく配管を設置することを考えたのですが、ご依頼者の方のご希望もあり、雨漏りの原因箇所の特定と、原因箇所のみの修理を行うこととなりました。

まずは、原因箇所の特定からです。

原因箇所の特定方法は、水をかけて雨漏り箇所を探し出す、いわゆる散水調査試験を行いました。

調査の方法はシンプルで、雨漏りしそうな箇所に水を当てていくのですが、高い所から水を当ててしまっては、一体どこから雨漏りしているのかわからなくなるため、低い場所から水を当てていきます。

散水調査も知識と経験が必要となります。

※雨漏りレスキューには、散水調査試験の経験豊富なスタッフが在籍しておりますので、ご希望の方は一度ご相談下さい。

早速、調査内容のご紹介です。

まずは、一番怪しい配管のエルボ(曲がっている箇所)周りに水を当ててみました。

すると、すごい勢いで部屋内で水が出てくるのが確認できました。

位置的にも、このエルボ周りから入った雨水が、雨漏りを起こしていたのに間違いはなさそうでしたが、雨漏りの怖いところで、別の原因箇所があることがあるため、別箇所(配管すべて)に水をかけてみたのですが、どうやらこのエルボ周りでしか水が出てくるのが確認出来ませんでした。

雨漏りの原因箇所は、エルボ周りで間違いなさそうです。

次に、修理内容のご紹介です。

雨漏りの原因箇所のエルボを外し、中を見てみると、配管周りに隙間が出来ているのが確認できました。

劣化によるものです。

まずは、この配管周りを、コーキング材を使い、水が入らないよう埋めていきます。

そして新しいエルボを取り付け、さらに配管周りにコーキング材を使って雨水が入り込まないよう、きちんと埋めていきます。

これにて施工完了後です。

ご依頼者の方の希望通り、原因箇所の特定と原因箇所のみの修理によって無事雨漏りを止めることが出来ました。

雨漏りには様々な原因があるのと同時に、様々な修理方法があります。

そして、様々な業者がいるため、その調査内容や修理内容も様々です。

雨漏りレスキューでは、そういった様々な修理内容にも対応しておりますし、必ず保証期間もあります。(修理内容によって保証期間は変わります。)

修理したけど止まらなっかったなんてことは絶対ありませんので、雨漏りにお困りの方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい!

年中無休で受け付けております!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など

&nbsp