今回は、モルタル防水からウレタン防水へのリフォーム工事をご紹介します。

そもそも、モルタル防水とは何か?簡単に説明しますと、セメントや砂を水で練り、防水材を混合して施工した防水層のことを言います。

このモルタル防水は、年月が経つにつれ劣化が生じ、躯体が浮き出たりひび割れが出来てきます。

そして、そのままメンテナンスを行わなければ、雨漏りしてしまいます。

ご依頼いただいた、千葉市若葉区の方のご自宅でも雨漏りしていました。

部屋内での雨漏りではなく、ベランダ下での雨漏りでしたので、気付かないまま軒天が剥がれかけた頃に、気付かれる方も少なくありません。

この段階で雨漏りだと気が付かれたのは、普段からお家のことを気にかけてた証拠です。とても大事なことだと思います。

もし、軒天が剥がれてしまってからでは、軒天の修理費用も掛かってきてしまいますが、この位でしたら、簡単な塗装で直してしまえそうです。

雨漏りは早期発見が一番費用の掛からない方法だと我々は考えています。

そして、ベランダの状況です。

ベランダ全体にひび割れがありました。

ひび割れ箇所から雨水が入り込み、雨漏りしてしまったのでしょう。

立ち上がりにもひび割が出来てました。

そこで、今回提案させていただいたウレタン防水ですが、理由がありました。

モルタル防水の上に塩ビシート防水を貼り込むことも出来るのですが、ベランダが狭いため、上手く施工が出来ない可能性が出てきます。

また、ウレタン防水は約10年後に仕上塗膜のトップコートを塗膜することでメンテナンスが出来ます。

費用的にも安価に抑えることが出来るところも魅力的です。

そういったところが、リフォーム工事でウレタン防水が良く選ばれる理由なのだと思います。

まずは、ベランダを高圧洗浄機を使ってきれいに清掃します。

次に、ひび割れ箇所にシリコン材を使って補修を入れます。

そして、下地材のプライマーを塗膜します。

プライマーは、モルタル防水と防水材料(ウレタン)を密着させるためにとても重要です。

透明ですが、触ると、とても粘着性があります。

そして、防水材料のウレタンを塗膜します。

排水口周りは雨漏りの原因になることがとても多いため入念に施工していきます。

また、立ち上がり部分は、固い材料を使って塗膜します。

最後に、トップコートを塗膜したら、施工完工です。

リフォーム工事は、既存の状態を見ながら、どのような工事が一番合ってるのか見極めることが重要です。

広さや形状によっては、向いてる工事と向いていない工事と様々です。

今回は、ウレタン防水工事が最適だと判断しましたが、状況によっては、塩ビシート防水やアスファルト防水の方が適している場合があります。

そんな時でも、雨漏りレスキューには、あらゆる防水工事に対応できる職人が在籍していますので、お任せ下さい!

雨漏りにお悩みの方や、防水工事の業者選びにお困りの方は、ぜひ雨漏りレスキューにご相談ください!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など