千葉県佐倉市エリアでの雨漏り修理依頼です。

今回ご依頼いただいた方は、2階建て木造住宅にお住まいの方です。

築30年以上経つ建物で、雨漏りは今回が初めてとのことです。

雨漏りしている場所は、1階のリビング天井でした。

雨が降る度に天井からポタポタと雨水が垂れてくるため、天井には応急処置でなるべく雨水が垂れてこないよう処置されていました。

この部屋の上にはベランダがあるとのことで、まずはベランダに雨漏りの原因箇所があるか調査開始です。

広さ10㎡位のよくある一般的なベランダになっていました。

ベランダ全体にシートが貼られているようでした。

よく見てみるとちゃんと密着していないのが確認できました。

どうやら、シートの下に雨水が入り込んでしまっているようです。

もしも、シートの下の防水層が劣化しているようであれば、雨漏りしてしまいます。

他にも劣化による、ひび割れ箇所も多数見つかりました。

このひび割れ箇所を見る限り、ベランダ全体はモルタル仕上げの防水層になっているようです。

ここで気になったことがありました。

ベランダに貼ってあるシートはどういった経由で貼ったのかです。

ご依頼者の方に聞いてみると、数年前にベランダ全体に出来始めたひび割れを隠すために、ご自身で貼ったとのことで、雨漏りしては困るためだったとも、言っていました。

専門業者ではなく、ご自身で貼ったとなるとシートの下全体に雨水が入り込んでいてもおかしくありません。

まずは、シートを撤去してから状況確認を行い、新しく防水工事を行う必要がありそうです。

シートを剥がしてみると、やはり複数のひび割れがあったので、カチオン材を使い下地のモルタルを調整してから防水工事を行うことになりました。

今回は、ウレタン防水工事で仕上げていこうと思います。

カチオン材を使い、下地調整後の写真。

エアコンの室外機を固定し、下地の調整を行ったら、ウレタン防水層の1層目の下地材(プライマー)を塗膜します。

1層目の下地材(プライマー)を乾かしたら、防水塗膜のウレタン塗膜をします。

最後に、仕上げ材のトップコートを塗膜し、乾燥させたらエアコンの室外機を元に戻して完工です。

施工後、無事雨漏りも止まったとご報告をいただきました。

今回の雨漏りの原因はベランダのひび割れ箇所からでした。

もしも、ご自身で貼られたシートが無ければ工事費用も安くなっていたでしょう。(シートの撤去と下地の調整費用がかからないため)

DIYなどが流行っていますが、建物の外壁周りはあまりご自身で直すのはお勧めできません。

何故なら、今回の様に無駄な費用が掛かるや、必要以上に建物を痛ますことがあるからです。

雨漏りでお困りの場合は、専門業者に見てもらいましょう。

雨漏りレスキューも、当然雨漏りの専門業者ですので、雨漏りにお困りの方はご相談下さい!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など