今回は、ベランダから起きた雨漏りの修理工事をご紹介したいと思います。

場所が、千葉県君津市エリアです。

『大雨が降った時に、1階の天井裏でポタポタと音がして、天井板に雨染みが出来てしまった。一度調査をして、雨漏りを止めるための修理をして欲しい。』

といった、ご相談をいただきました。

まずは、現地で雨漏りの無料調査からです。

最初に確認するのは、雨漏りしている部屋の確認です。

案内された部屋は、1階のリビングになってしまいました。

どうやら、強い雨が降ると雨水が垂れてしまうため、桶で雨水を受けているようでした。

かなりの広い範囲で雨漏りしているようでしたので、他の部屋でも雨漏りしていないか気になりました。

そこで、別の部屋も見させてもらうことに。

すると、隣の部屋でも雨漏りしているのを発見です!

普段、あまり使っていない部屋のようで、ご依頼者の方も気が付かなかったようです。

ここまでで、雨漏りしている箇所の調査及び確認は終了です。

次に、外から雨漏りしている原因箇所を探していきます。

この雨漏りしている部屋の上には、2階のベランダがありました。

一般的な木造住宅に比べると、少し広めなベランダです。

まずは、雨漏りしている箇所の上部付近を調べてみることにしました。

すると、大きなひび割れ箇所を見つけました。

どうやら、このひび割れ箇所から雨漏りしているようです。

原因は、2階のベランダに施されている防水層の劣化でした。

修理する方法として、今回はウレタン防水工事でのご提案をさせていただきました。

状況は、あまり良くはありませんでしたが、既存の上にウレタンを塗膜する方法で十分雨漏りを止められそうです。

※劣化をしばらく放置していると、防水層の内側に雨水が入りこんでしまい、浮きや水溜まりが出来てしまうこともあります。そうなると、手間や工程が増え高額な修理内容になってしまうこともありますので、雨漏りレスキューでは、早めの修繕工事をお勧めしています。

まずは、高圧洗浄機を使い清掃して、下地材(プライマー)を塗膜します。

次に、防水層の塗膜(ウレタン)です。雨漏りから建物を長期的[10年保証]に守るためには、とても重要な工程になるので、しっかりと塗膜していきます。

最後に、仕上げ材のトップコートを塗膜して完了です。

今回のケースの様に、建物の劣化が原因で雨漏りが起きることはよくあることです。

しかし、大事なことは放置せずに、しっかりとした修理工事でお家を直してあげることです。

また、今回は別箇所でも雨漏りしてそうな箇所もあったので、一緒に修理しました。

こちらは、板金を貼り付けている勾配の緩やかな屋根のような箇所でしたが、錆が進行して板金に穴が開いていました。

下地材のコンパネ板も見えてしまっています。

後日、この下にある部屋を確認したら、天井板が黒く染みていたようです。

スレート屋根(コロニアル屋根)などで行われるカバー工法の要領で修理しました。

雨漏りレスキューでは、確実に止める修理方法でのご提案をさせていただいております。

また、その他にもプロ目から見て確実に雨漏りしていそうな箇所も発見します!

確実に雨漏りを止め、長期的な保証期間がご希望の方は、一度雨漏りレスキューにご相談下さい!

年中無休で受け付けております!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など