今回は、集合住宅での雨漏りによる現地調査と雨漏り修理工事(防水工事)をご紹介したいと思います。

場所が、千葉県浦安市の集合住宅の最上階での雨漏りでした。

入居してる方は賃貸契約の方でしたが、ご依頼者はこの物件のオーナーの方でした。(雨漏りレスキューでは賃貸契約の方からのご依頼は基本的にはお断りさせていただいております。)

入居者さんのお話では、台風の夜とても強い雨が降り、朝起きたらソファーと床がびしょ濡れになっていたそうです。

実はこの物件のオーナー様から、以前に別箇所での雨漏りの修理工事でお世話になっていました。

そんな付き合いもあったため、別の業者に依頼するのではなく、すぐに雨漏りレスキューにご相談いただきました。

とてもありがたいことです。

そして、雨漏り箇所の確認を行い建物の屋上に上がり周りを細かく調査してみると、屋上や塔屋、そして防水の立ち上がり箇所(外壁との境目)にひび割れや劣化が複数ヶ所見つかりました。

補修工事で今回の雨漏りを確実に止めるのは難しいことをオーナー様に伝えました。

オーナー様ご自身も今後雨漏りの苦情が来るのが嫌だったため、ちゃんとした修理工事をしたいと思ってたそうです。

そこで雨漏りレスキューは、屋上と塔屋のウレタン防水工事での修理工事をご提案させていただくことにしました。

今回は劣化が少し目立つため下地の手入れに時間がかかりました。

それでは施工内容を紹介したいと思います。

まずは、防水面を綺麗にケレン清掃します。

ケレン清掃が終わったら下地の調整です。

亀裂から雨水が入り込み膨らんでしまった箇所をカッターで切り撤去してしまいます。

次にモルタル部分が凸凹になっていたのでシリコン材を使って補修を入れました。

目地も取り除きシリコン材で補修を入れていきます。

下地の調整が終わったら、まずは下地材(プライマー)をしっかりと塗りちゃんと乾かしていきます。

次に防水機能を発揮させるためにも重要な防水塗装(ウレタン防水)を行っていくのですが、順番としてまず最初に

立ち上がり箇所を塗ります。

立ち上がり箇所の防水塗装(ウレタン防水)が終わったら、次は平場の防水塗装です。

防水塗装(ウレタン防水)を塗り終え、しっかり乾かせたら最後に仕上塗装のトップコートを塗り終え、乾かしたら

施工完工です。

雨漏りしっかり止まりました。

今回のケースの様に、屋上やベランダも長い間手入れをしないと雨漏りする可能性は十分あります。

しかし、ちゃんとした修理工事をすれば雨漏りを止めることは出来ますので、雨漏りした時は専門の業者に見てもらうようにしましょう。

雨漏りレスキューでは、経験豊富なスタッフが的確な判断でお客様に無駄の無い修理内容をご提案させて

いただいております。

雨漏りに悩んでいる方は、一度ご相談下さい。

年中無休で受け付けております。

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など