今回は、補修工事で雨漏りを止めた、施工事例をご紹介したいと思います。

補修工事とは、ピンポイントで雨漏りの原因箇所を特定させて、部分的な修理工事で雨漏りを止める方法です。

補修工事の場合、足場などを組む必要のない場所での作業が多いため、低予算で修理することが出来ます。

また、壊れた箇所のみを修理するため、あまり修理に時間がかかりません。

そのため、調査当日に修理することができる場合があるのも、補修工事の魅力と言えるでしょう。

しかし、コーキング材や防水テープ(ブチルテープ)を使った補修工事になるため、雨漏りの再発に保証期間は付きません。

そのため、2~3年程度雨漏りを止めることができれば良いって方以外には、お勧めしていません。

しかし、逆に今は費用面では大掛かりな工事をすることが難しい方にはお勧めできます。例えば2~3年で資金を作るためであれば、とても意味のある修理工事になるでしょう。

それでは早速、施工事例をご紹介したいと思います。。

場所が東京都八王子市になります。

築50年近く経つ2階建ての木造住宅で起きた雨漏りでした。

『2階の天井裏で雨が降るとポタポタ音がする。』

といった相談内容でした。

まずは現地に伺い、ポタポタ音がする場所の天井裏を見てみました。

すると、屋根の裏側に雨染み跡があるのを発見しました。

どうやら垂木周りから雨漏りしているようです。

次に屋根に上り、この雨漏り箇所を調査しました。

ご依頼者の方のお家の屋根は、珍しい銅板葺きの屋根になっていました。

雨漏りしている箇所の上には、加工した銅板のキャップがあります。

瓦棒葺き屋根での雨漏りと原因が同じなため、このキャップ周りから雨漏りしています。そのため、基本的には既存の屋根材(銅板)を剥がして防水シートを貼り替えなければ確実には雨漏りを止めることができません。

しかし、屋根が大きいため、全体を新しい屋根に葺き替えるには、とてもお金のかかる工事になってしまいます。

ご依頼者の方は、雨漏りを止めたいだけなので、そういった大掛かりな工事になると思っていなかったそうです。

そこで、今回は雨漏りをピンポイントで修理する内容を提案させていただきました。

いわゆる、雨漏りしている原因箇所のみを修理する補修工事です。

修理方法は、天井裏から確認できた、垂木の周りに被せてあるキャップから雨水が入らないようにコーキング材を使って補修する方法です。

補修後の写真になります。

補修工事後、無事雨漏りも止まりました。

雨漏りレスキューでは、補修工事でも、雨漏り再発した場合は無償で再調査に伺い、補修を入れます。

そういったところが、雨漏りの専門業者として、良く選ばれている理由でしょう。

雨漏りにお困りの方や、高額な見積りでお悩みの方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい。

お客様のご希望に添った内容での修理プランを提案させていただきます!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など