雨漏り修理工事には、いわゆる補修工事と呼ばれる修理方法があります。

雨漏りの原因箇所をピンポイントで修理するといった方法です。

主に外壁が原因で起きた雨漏りに対しての修理方法になりますが、時として屋根の修理工事でも適応できる場合もあります。

そこで今回は、外壁・屋根での補修工事をご紹介したいと思います。

まず一件目の施工事例です。

エリアが千葉県習志野市エリア。

集合住宅で起きた雨漏りです。

こちらの物件は賃貸物件となっているため、管理会社の方からのご依頼でした。

3階建ての建物で、1階サッシ周りからの雨漏りです。

サッシを取り付けているビスの周りから水が出てきたとのことです。外壁から雨漏りしている可能性が非常に高い雨漏りの仕方でした。

外に出て、外壁周りを調査です。

当該物件はALC外壁と呼ばれる外壁材を使った造りになっていました。

ALC外壁の場合、雨漏りする原因は外壁材をつなぎ合わせている箇所に打ってあるシールが劣化した場合と、外壁材自体にできてしまったひび割れとの2パターンが考えられます。

今回のケースではどうやらひび割れが原因のようでした。

様々な外壁材がありますが、ALC外壁の場合、劣化や破損個所がとても分かりやすいのが特徴です。

そのため、はしごや脚立を使って届く箇所であればその場で修理することができます。

修理前

修理後

修理に掛かる費用も今回は25.000円でした。

また、当日修理が可能でしたので、即日修理させていただきました。

 

次に紹介する補修工事は割れてしまった瓦の交換修理工事です。

こちらの物件では雨漏りはしていないとのことでしたが、今後雨漏りする可能性が非常に高い状態でした。

1枚瓦が割れてしまっています。

ずらして中を見てみると、防水シートまで破れてしまっています。

このままでは雨漏りしてもおかしくありません。急いで修理しないと大事になってしまいます。

同じ瓦を持ってきて、部分的な瓦の交換工事をやらさせていただきました。

まずは破けてしまった防水シートに防水テープを貼ります。

そして、瓦を差し替えたら完了です。

常時瓦を持ってはいないため、当日修理はできませんでしたが、3日以内に修理することは可能です。

また、掛かった費用は30.000円でした。

部分的な修理や補修工事は、大規模な修繕工事に比べるとはるかに安く済ませることができます。

ましてや、雨漏りはある日突然起きることがほとんどのため、想定外の出費となると思います。

そこで数万円で雨漏りが止まれば助かると思います。

雨漏りを止めたいが、大規模な修繕工事を考えていない方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい!

年中無休・即日対応も可能です。ご相談下さい!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など