今回は、部分的な雨漏り修理工事事例を2件ご紹介したいと思います。

まずは、一階の天井で起きた雨漏り修理工事事例です。

エリアは、千葉市中央区です。

「強い雨が降ると、雨漏りするため修理して欲しい。」

とのご相談をいただきました。

雨漏りしている部屋を確認すると、かなりの広範囲で雨漏りしているのがわかりました。

外から確認すると、どうやら雨漏り箇所の上は屋根になっているようでしたので、屋根に上がってみることにしました。

すると、屋根は瓦棒葺き屋根でした。

そして、雨漏りしている箇所のちょうど真上には、笠木板金がぐるっとL型に設置されていました。

この笠木板金に雨漏りの原因になる箇所がないか調査開始です。

すると、板金同士の接合部分に、怪しい箇所を見つけました。

コーキング材を使った補修箇所が、どうやら経年劣化によって剥がれているようです。

手で押すと、隙間ができてしまうのも確認できました。

接合部分から雨水が入り込まないよう、コーキング材を使って補修を入れれば雨漏りは止まりそうでしたが、板金自体も大分古くなっているため、今後ことも考えて、新しく笠木板金を設置することなりました。

施工後写真

今回は、屋根の葺き替え工事などの大掛かりな工事を行わずに済み、予算内で修理できたと、ご依頼者の方にも

とても喜んでいただけました。

次は、瓦屋根で起きた雨漏り修理工事事例です。

同じく、千葉市中央区エリアからのお問い合わせでした。

「普段の雨では雨漏りしないが、風の強い時に雨漏りする。応急処置的な修理を希望します。」

とのことでした。

早速、現地を見させていただきました。

こちらも、一階の天井で雨漏りしているようです。

※諸事情により、室内写真を載せれませんでした。

上が、下屋根になっているようでしたので、上がってみました。

すると、下屋根は瓦屋根になっているのが確認できました。

特に瓦がめくれたり、ズレているわけでもなく、瓦自体はしっかりしていました。

そして、今回は応急処置的な修理方法で雨漏りを止めたいとの要望でしたので、雨漏りしている箇所をしっかりと測りピンポイントで補修することにしました。

すると、どうやら雨漏りしている箇所の真上には、下屋根と外壁との立ち上がり部分に当たるのがわかりました。

そして、この壁面に叩きつけるような雨が降らないと雨漏りしないとのことでしたので、部分的にコーキング材を使い補修しました。

施工前

施工後

今回のケースの様に、状況によっては、補修工事で雨漏りを止めることができます。

当然、屋根の雨漏りの場合、葺き替え工事などの大規模な工事に比べると保証期間や、建物に対するメリットはほとんどありません。

しかし、建物の状況を考えた上で、掛けられる費用も人それぞれだと思います。

他者での見積りなどで、高額な見積りを出され、諦めている方などいらっしゃいましたら、一度雨漏りレスキューにご相談下さい!

年中無休、24時間受け付けております!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など