今回は、アパートの屋根の葺き替え工事を紹介したいと思います。

実は今回ご依頼いただいた物件は、去年の台風で屋根が壊れてしまいました。

建物の大家さんの方からのお問い合わせで、

「木更津市にある、所有している物件が雨漏りしているから一度見てもらい、見積りを作って欲しい。」

とのことでした。

管理会社の方からのお問い合わせも受け付けていますが、大家さんからの直接のお問い合わせも大歓迎です。

しかも、大家さん直接のお問い合わせもたくさんいただいております。

お問い合わせをいただいてる大家さんに話を聞くと、確実に雨漏りを止めてもらえる業者を選びたいという理由が一番多いようですが、他にはやはり、費用をなるべく抑えるために、自分で直接修理業者から話しを聞きたいという方が多いようです。

業者選びで失敗しないためにも、最低で3社以上の見積りを取ることを雨漏りレスキューでもお勧めしています。

では早速、雨漏りの調査内容のご紹介からです。

今回の雨漏り箇所は、2階の天井から起きてました。

かなりの量の雨水が含んでいるのが確認できました。

長い雨が続くと床にバケツを置かないと水浸しになるほどの雨漏りのようでした。

建物は2階建の造りになっていて、雨漏り箇所の上は屋根になっています。

まずは、屋根に上がり原因箇所が何処なのか調査することに。

既存の屋根の構造は、瓦棒葺き屋根です。

いわゆるトタン屋根と呼ばれている屋根になります。

応急処置で、アスファルトシングルのような物をビスで打ち付けているのが確認できました。

所々の心木が飛んでしまっているのが上から見てもよくわかります。

台風のような強風で屋根が飛ばされてしまったのでしょう。

おそらくは、棟板金も飛んでしまったのでないかと思わせる状況です...

他にも、劣化が進んでしまい、板金が錆びて穴が開いている箇所もありました。

正直この状況では、屋根を新しく葺き替えるしか雨漏りを止めることは難しいと判断しました。

火災保険に加入していないか、ご依頼者の方に聞いたところ、今年に入ってから新しく大家になったらしく、全て実費での修理工事をしなくてはならないそうでした。

なるべく費用も抑えたいとのことでしたので、今回は屋根材を『ヒランビー』で新しく葺き替える方法でお話しさせていただきました。(断熱材の入っていない屋根材で、入っている屋根材より安いため)

また、既存が瓦棒葺き屋根でしたが、屋根の勾配も問題なさそうでしたので、『ヒランビー』で提案させていただきました。

もし、勾配があまり無い場合は、同じような縦葺きの屋根にしないと雨漏りしてしまいます。

それでは、施工事例をご紹介したいと思います。

まずは、既存の屋根材を剥がしていき、下地のコンパネ板を貼っていきます。

次に屋根を雨漏りから守る防水シート(アスファルトルーフィングシート)を被せていきます。

そして、金属でできた(ガルバ鋼板)屋根材『ヒランビー』を葺いていきます。

棟は雨漏りがもっとも多い箇所ですので、防水テープを貼ってから、貫板を設置して棟板金で被せるように施工して施工完工です!

きちんとした屋根の葺き替え工事で無事雨漏りも止まりました!

雨漏りは、基本的にはしっかりとした修理工事でないと確実に止めることは出来ません。

他社で補修工事で雨漏りを止めることができると言われたのに、なかなか止まらないなどのご相談をよく聞きます。

小手先の補修工事で止まったとしても、1年程度でまた雨漏りが再発するのがほとんどです。

そうなってからでは、結局その時にかけた修理費は無駄になります。

そうならない為にも、きちんとした修理工事をする業者を選びましょう。

雨漏りレスキューでは、雨漏りの再発に保証を付けれる修理内容でのご提案を第一に考えています。

雨漏りを本気で止めたい方は、一度ご相談下さい。

年中無休で受け付けております。

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など