今回は、小さなバルコニースペースで起きた雨漏り修理工事と、外壁リフォーム工事(金属サイディング)をご紹介したいと思います。

エリアは、千葉県八千代市です。

今年の3月に降った強風を伴う大雨の日に起きた雨漏りでした。

「1階窓枠からポタポタと雨漏りしているため、修理して欲しい。」

といった内容でのご相談でした。

まずは、雨漏り箇所を特定させるために、無料調査に伺いました。

案内していただいたお部屋の窓枠周りを見てみると、微かに水のシミ跡が残っているのが確認できました。

この場所で雨漏りするのは、今回が初めてのことだそうです。

そして、ご依頼者の方のお話ですと、この窓枠の上に、雨漏りしそうな怪しい箇所があるとのことでしたので、早速2階に上がり調査することにしました。

2階に上がり、雨漏り箇所の上に行くと、人が出入りするには、少し狭いバルコニースペースがありました。

植木鉢などを置くには、丁度良いスペースのバルコニーです。

そのバルコニースペースを見てみると、所々にひび割れが出来てしまっているのが確認できました。

これでは雨漏りしてもおかしくありません。

しかし、これだけ大きなひび割れとなれば、以前から雨漏りしていても不思議ではありませんでした。

そこで、外に出て他に雨漏りしそうな箇所がないか、再度調査開始です。

雨漏りしている窓枠と、ひび割れの出来たバルコニーは一体型となっていました。

他にも雨漏りしそうな箇所を探しましたが、見当たりませんでした。

ご依頼者の方のお話では、滅多にこのバルコニースペース側に強い風が吹く雨が降ることが無いそうで、大方反対側に強風を伴う雨が降るとのことでした。

そういった状況であれば、今回初めて雨漏りしたのも納得です。

どうやら今回は、ご依頼者の方の予想していた箇所からの雨漏りのようです。

2階バルコニースペースを修理すれば、雨漏りを止めることが出来そうでした。

しかし、ひび割れがひどく下地が少し腐ってきてしまったため、下地から造り直す工事になってしまいました。

まずは、下地のコンパネ板をバルコニースペースに合わせて加工し、貼っていきます。

そして、コンパネ板とコンパネ板との隙間には、雨漏りしないようシリコン材で補修を入れ隙間を埋めていきます。

次に、バルコニースペースを雨漏りから守るために重要な防水層を造っていきます。

下地がコンパネ板のため、ウレタン防水工事は出来ないので、今回はガラスウールを密着させるFRP防水層で行っていきます。

防水層となる、ガラスウール(FRP)をバルコニースペース全体に被せます。

接着剤となる材料で塗膜し、ガラスウール(FRP)を密着させます。

最後に、仕上げ材となるトップコートを塗膜したら、完了です。

今回の防水工事で、無事雨漏りも止まりました。

また、他にも3カ所ほど、同じ形をしたバルコニースペースがあったので、一緒にトップコートを塗膜しました。

工事が終わった後、ご依頼者からこんなご相談を受けました。

「実は、10年以上前に塗装工事をしたが、最近外壁のひび割れが目立つようになってきた。また同じ塗装工事をしても、10年経ったらひび割れが出来てしまっては困るから、サイディングで外壁をリフォームすることが出来ないか相談したい」

とのことでした。

確かに、外壁のあちこちにひび割れ箇所があるのは確認できました。

これでは雨漏りするのも時間の問題です。

そこで、建物の今後のことも考えて、金属サイディング工事で建物全体をリフォームすることになりました。

施工前

施工後

金属サイディングでの仕上がりは、塗装工事とは違い、とても高級感がでて見栄えもまるで違ってきます。

雨漏りレスキューでは、雨漏りしている箇所のみの修理工事から、大規模なリフォーム工事まで様々な工事に対応しております。

雨漏りにお悩みの方や、外壁や屋根のリフォーム工事を検討中の方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など