今回は、外壁から起きた雨漏りを、板金工事と塗装工事で修理した施工事例をご紹介します。

地区が、千葉県習志野市です。

依頼者の方の相談は、このような内容でした。

『1階のリビングのサッシ上部から雨漏りしています。実は、数年前からたまに雨漏りしていたのですが、ここ最近になって雨漏りがひどくなってきたので、修理して欲しいです。』

とのことでした。

早速、現地に伺い雨漏り箇所を確認しました。

建物は、2階建ての木造住宅でした。

雨漏りしている箇所は、この霧除け板金が取り付けてあるサッシ上部です。

叩きつけるような強い雨が降ると、特に雨漏りがひどくなるそうでした。

外壁からの雨漏りの場合は、今回のようにサッシ上部から雨漏りするケースが多いのが特徴的です。(雨漏り箇所の上にベランダがある時は、ベランダ周りにも注意が必要です。)

その時に、外壁に分かりやすいクラック箇所などがあれば、修理もしやすいのですが、依頼者の方の家では、部分的にタイルが貼ってありました。

このタイル面は、目視では劣化状況が判断できません。また、外壁に取り付けてあった水切り板金の下部からも雨漏りしそうな箇所があるのもわかりました。

今回は、部分的な修理方法では雨漏りを止めるのは難しそうです。

また、依頼者の方の希望も雨漏りをしっかりと止めることでしたし、数年以内にまた雨漏りが再発しては困るとのことでしたので、足場を組みきちんとした塗装工事と板金工事で雨漏りを止めることにしました。

たまに聞く、雨漏り専門業者を謳って、散水調査などを行い部分的な修理で雨漏りを止めようとする業者がいますが、今回のケースでは雨漏りを止めることは無理でしょう。

雨漏りレスキューでは、お客様の希望でない限り、そういった修理方法は取らず、しっかり確実に雨漏りを止める修理方法でのご提案をさせていただいております。

では、施工事例をご紹介したいと思います。

まずは、足場を組み建物全体を洗浄していきます。

洗浄後、よく乾かしたらモルタル外壁にできてしまったクラック箇所に、補修を入れていきます。

次に、塗装工事に入っていきます。

まずは、下地塗装からです。仕上塗装としっかり密着させるために、とても重要な工程になります。

下地塗装が終わったら、仕上塗装を行っていきます。仕上塗装は2回塗りになります。

そして、最後に建物全体に取り付けてある板金箇所に、新しく加工した板金を取り付け、足場を解体したら施工完了です。

施工前

施工後

建物全体がとてもきれいになりました。

施工後すぐに強い雨が降りましたが、無事雨漏りが止まった報告もいただきました。

雨漏りレスキューでは、今回のケースのように塗装工事と板金工事が必要になる場合も、何の問題もなく受けることができますし、確実に雨漏りを止めることができます。

雨漏りにお悩みの方の中に、工事をお願いしても雨漏りがとまらなかったらどうしよう?と不安がある方は。是非雨漏り再発保証がある、雨漏りレスキューにご相談下さい。

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など