今回は板金を使った雨漏り修理工事をご紹介します。

千葉市花見川区のM様からのお問い合わせ内容は、「実家で起きた雨漏りで漏電してしまったので一度見に来て欲しい。」とのことでした。

ご依頼者と日程を調整して、まずは雨漏りの調査からです。

雨漏りしている場所に案内してもらいました。確かに天井板にシミ跡が出来ているのを確認できました。

1階の天井です。

複数箇所にシミ跡が出来てるのが確認できました。

雨漏りしている部屋の上には下屋根とデッキ材のバルコニーがある場所のようです。

早速下屋根に上がり雨漏り調査開始です。

下屋根に上がると、瓦屋根と板金屋根(瓦棒葺き屋根)に分かれている造りになっているのが確認できました。

瓦屋根を見てみると、特に雨漏りするような原因は見つかりません。

一度屋根から下りて瓦屋根とバルコニーの間にある外壁の下部を見てみると、どうやら瓦棒葺き屋根側から雨漏りしているのが確認できました。

右側からシミ跡が広がっているのがわかります。

再度下屋根に上がり今度はデッキ材のバルコニーがある瓦棒葺き屋根周りを調査してみることに。

すると、数か所雨漏りしそうな場所を見つけることができました。

まずは外壁と屋根との立ち上がり箇所です。

隙間が出来ているのが確認できました。

 屋根材(板金)がかなり劣化してきているのも目立ちます。

捨て水切り板金を入れて屋根を葺き替えれば今回の雨漏りは止めることができそうです。しかし、よく見てみるとデッキ材のバルコニーと既存の瓦棒葺き屋根との間は全くと言っていいほど隙間がありません。仮に瓦棒屋根を葺き替えた場合、バルコニーは元に戻らなくなってしまいます。(コンパネ板の厚みが12㎜あるため)

数ミリしか隙間がありません。

そこで、屋根全体の下地板(コンパネ板)の状態を確認してみました。そこまで痛んでいないのが分かったので、今回は既存の屋根の上に同じく板金を被せる修理工事で直すことをご依頼者に説明させていただきました。

漏電もしていたためなるべく早く工事に入らせていただました。

では施工内容をご紹介します。

まずは屋根の上をきれいに清掃して加工した屋根材を被せていきます。

しっかりと奥まで屋根材を差し込んでいきます。

ジョイント箇所(カッパ)もしっかりと水が入らないように被せます。

他にも雨漏りしそうな箇所はすべて板金工事で修理します。

外壁にも怪しい箇所があったのでしっかり修理します。

コーキング材で最終的な補修を入れたら施工完工です。

無事に雨漏りも止まったそうです。

雨漏りレスキューは板金工事が得意な職人が在籍しています。金属サイディング工事や板金屋根への葺き替え工事は当然のことですし、今回のような雨漏りを止めるために必要な知識や経験も豊富です。

他社での見積りが高かった方や断られてしまった方など一度雨漏りレスキューにご相談下さい。

年中無休で受け付けてます。

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など