前回に続き、今回も補修工事での雨漏り修理工事をご紹介します。

エリアは、千葉市花見川区です。

前回のご依頼者の方は、持ち家での雨漏りでしたが、今回のご相談者の方は、集合住宅の大家様です。

雨漏りしている物件は、2階建ての鉄骨造で、2階の入居者の方からのクレームでした。

『入居している方から、天井から雨漏りしてきて困っている、早く何とかして欲しい。』

と言われてしまったそうです。

今回のご依頼者である大家様と、入居者様との日程調整を行い、まずは雨漏り状況をみさせてもらうことにしました。

すると、天井のあちこちで雨漏りしているのが確認できました。どうやら雨漏りしている場所が、1箇所ではなさそうです。

下から建物を見てみると、どうやら勾配のある屋根ではなさそうでした。

この時点では、陸屋根にでもなっていて、どこか防水層に痛んでいる箇所があるのかもしれないと思っていました。

しかし、予想は的中せず、折半屋根になっていました。

折半屋根からの雨漏りの場合、錆びて屋根に穴が開かない限りは、重なり合っているジョイント箇所からしか雨漏りしません。(折半屋根を取り付けているボルト周りからの雨漏りもあります。)

修理の方法としては、ジョイント箇所に補修を入れて口を塞ぎ、ウレタン防水を塗膜するのが一番だと考えています。

当然、ウレタン防水を塗膜するわけですから、雨漏りの再発保証期間も有ります。

しかし、ご依頼者の大家様は、急な出費に今すぐ対応できない状況でした。

そこで、なるべく費用を抑えた修理方法はないのか?

と、相談されたので、今回はアルミテープを使った補修工事で、雨漏りを止めることにしました。

補修工事後の写真です。

アルミテープを使った補修工事の場合も、その場で施工依頼がいただけたら当日に修理することが可能です。(工事にあまり時間が掛からないため。)

しかも、アルミテープが剥がれない限りは雨漏りしないため、補修工事の中では、お勧めの修理方法です。

建物のことを考えたら、いずれウレタン防水を塗膜する方法で修理する必要がありますが、(錆びて穴が開くと大掛かりな工事になるため)投資物件の場合は、雨漏りが止まればクレームも収まります。

ですから、一旦数万円で済む補修工事で雨漏りを止めて、それから資金面の計画を立てていっても、遅くはないと思います。

様々な雨漏りを見てきましたが、やはりきちんとした修理で直すのが一番だと思います。

しかし、経済状況や、建物を今後取り壊す予定がある方など様々です。

雨漏りレスキューでは、そういったお客様のご希望に合わせた修理方法を提案させていただいております。

部分修理をご希望の方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい!

年中無休で受け付けております!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など