以前にご紹介した雨漏り修理工事の中で、防水層の排水口からの雨漏りが非常に多いと、ご紹介させていただきました。

今回は、そんな中でも特にわかりやすかった、排水口周りからの雨漏り修理工事をご紹介したいと思います。

ご依頼いただいた方は、東京都江戸川区にお住まいの方です。

実はこの方、以前に外壁からの雨漏りでお世話になった方でした。

そして今回は、強い雨が降った時に、玄関にある下駄箱の中がびしょ濡れになっていたとのことで、ご相談いただきました。

早速現地調査です。

まずは、雨漏りしていた場所を見させていただきました。

下駄箱の中の天井付近が湿気によってカビだらけになっていました。

結構古くから雨漏りしているようです。

しかし、この下駄箱は普段使っていないようで、今回初めて雨漏りに気が付いたそうです。

次に、雨漏りの原因箇所を特定させていきます。

まず、この雨漏りしている下駄箱の上には、屋上に出るための塔屋があります。

しかし、その塔屋内部には雨漏りしている形跡がありません。

次に、塔屋に上がって状況確認をしてみました。

構造上、雨漏り箇所の上に排水口があるのが確認できました。

排水口周りも、だいぶ錆びてしまい劣化が目立つ状況です。

どうやら、この排水口周りで引き起こした雨漏りが、下駄箱内を腐食させてしまっているようです。

ではなぜ?塔屋内部に雨漏りの跡が残っていないのか疑問が残りますが、実は鉄骨造の建物ではよくあることで、梁を伝い、一つ下の階を飛び越えて雨漏りしてしまったのです。

しかし、仮に以前修理させていただいた外壁からの雨漏りだったら、保証期間があるため無償で直さなくてはいけません。

そのためにも、以前修理させていただいた外壁に散水調査をしてみましたが、下駄箱から雨漏りすることはありませんでした。

それでは、修理内容のご紹介です。

今回は、既存がシート防水でしたので、上から塗膜するウレタン防水工事で仕上げさせていただきました。

雨漏りの原因箇所である排水口に改修ドレンを設置しました。

次に、シート防水のつなぎ目などに補修を入れて下地材(プライマー)を塗膜します。

そして、防水塗膜(ウレタン)です。

最後に、仕上げ塗膜(トップコート)で完了です。

ウレタン防水の場合は、3層での仕上がりとなります。

プライマー→ウレタン→トップコートの順に塗膜していき、状況によっては今回のように改修ドレンを取り付けます。

当然、ウレタン防水工事の場合は、雨漏り再発保証期間は10年間になります。

そして、修理工事から1週間後に、長く降る雨が降ったのですが、下駄箱内の雨漏りはしっかりと止まったそうです。

実は、今回の雨漏りの調査では、排水口周りにも散水調査を行ったのですが、下駄箱から水が出てきませんでした。

どうやら、雨漏りが起きるような水量を蛇口から出る水で再現することは難しいと言えます。

しかし、雨漏りレスキューでは、数々の経験から雨漏り箇所を特定させて修理しています。

今回の様に、散水調査ではあてにならない雨漏りでも確実に止めます。

なかなか止まらない雨漏りでお困りの方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい!

年中無休で受け付けております。

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など

&nbsp