今回のご紹介する施工事例は、ベランダの新規作成も含んだ防水工事です。

千葉県千葉市美浜区にお住まいのY様からのご依頼でした。

築25年の3階建の木造住宅で、主に雨漏りしている箇所が2階リビングの天井からでした。

僕が伺わせていただいた時は、主に3階のベランダの排水口(ドレン)周りからの雨漏りが確認出来ましたが、

以前にも別箇所からの雨漏りがひどかったらしく、その時にご自身でコーキング材を使って補修をしたところ

雨漏りはとりあえず止まったそうでした。

しかし、今回排水口(ドレン)周りからの雨漏りが止まらないため、何社か見てもらうことにし、

雨漏りレスキューに施工を依頼することに決めたそうです。

僕らとしてはとてもありがたいことです。

千葉県千葉市美浜区のY様のご自宅のベランダの状態はかなり劣化が進んでおり、既存の上に

ウレタン防水を塗っても長期間に渡って雨漏りを止めるのは非常に厳しい状況でした。

そこで、コンパネ板を使ってベランダを新しく作る内容でのご提案をさせていただきました。

ちなみに、千葉県千葉市美浜区のY様のご自宅には、2階と3階の両方にベランダがあり、今回はその

両方を修理することになりました。

まずは、コンパネ板を使ってベランダの下地の新規作成です。

一般的な防水工事を得意としている業者さんはこういった大工工事を行うことが出来ない方も多いのですが、

雨漏りレスキューでは様々な業種の職人が在籍しているので、大工工事も出来てしまいます。

当然、1社で大工工事から防水工事を一貫して仕上げる方が修理工事に掛かる費用も抑えることができます。

そういったところも雨漏りレスキューの強みとも言えます。

コンパネ板を使って下地の新規作成が出来たら、シリコン材を使ってビスを打ち込んだ穴や段差に

補修を入れ、平らにします。

下地の新規作成とコーキング材を使った補修工事を終えたら、防水工事に入っていきます。

コンパネ板の上にはウレタン防水を塗ることが出来ないため、今回はFRP防水工事を行うことにしました。

FRP防水工事は、ガラス繊維の集合体をベランダ全体に被せ、硬化剤を使ってカチカチに固め水を通さないように

します。

そして、硬化剤を使ったガラス繊維の集合体を良く乾かしたら最後にトップコートを

綺麗に塗って施工完了です。

あれだけボロボロだったベランダもこんなに綺麗に仕上がりました。

当然、肝心な雨漏りも後日降った雨のあとに確認したところ、無事止まりとても喜んでもらえました。

雨漏りレスキューでは、様々な状況での修理工事にも臨機応変に対応できます。

他社さんのお見積り内容で、思った以上に高額な場合は一度ご相談下さい!

工事代金も納得のいく内容でご提案させていただきます!

会社概要

 

会社名 S・Aサービス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0843 千葉県千葉市中央区末広2-2-19末広サンフレアB棟301
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など