約1か月前に、雨漏りの無料調査にお邪魔させていただきました、千葉県船橋市のU様からいただいた施工内容を

ご紹介したいと思います。

雨漏りの依頼内容が、1階のリビングの天井からとのことでした。

直接見て確認してみると大分雨漏りしているのがわかります。

建物がどのような構造になっているのか確認するために外に回り見てみました。

どうやら、雨漏り箇所の上は2階のベランダになっているようです。

しかし、外壁のモルタルにひび割れ(クラック)がかなり目立つのでよく確認してみると、2階のベランダから

入った雨水が流れ落ちているのを発見しました。

おそらく2階のベランダがかなり劣化してるのではないか?と思い、確認してみることに。

すると、ベランダ全体にアルミのテープで補修しているのが見られました。

ベランダからの雨漏りを起こしやすい排水口(ドレン)周りもひび割れ(クラック)が大分目立ちます。

千葉県船橋市のU様のお話ですと、実は何年も前から雨漏りはしていたらしく、そのたびにアルミテープを貼り

雨漏りを止めてきたそうですが、もうどうにもならなかったために一度別業者の方に見てもらったそうです。

すると、見積りを見てあまりの金額の高さに驚いたそうです。

2階のベランダと外壁を修理しないと雨漏りは止まらないと言われたとのことでした。

しかし、私どもが調査をした日の状況では2階のベランダの防水工事をすれば雨漏りは止まると判断し

御見積書を後日送らせていただいたところ、快く施工依頼をいただきました。

施工当日、まずはエアコンの架台を上げ作業するスペースを作り、高圧洗浄機でキレイに掃除しました。

清掃が終わったら、まずは補修で貼ったアルミテープを綺麗に剥がします。

アルミテープを剥がし終えたらシリコンで補修を入れるための下地材を塗っていきます。

そして、見落としの無いように細かくチェックし、シリコンで補修を入れていきます。

シリコンでの補修と下地の調整が終わり乾いたら今度は防水工事に入っていきます。

千葉県船橋市のU様のご自宅のベランダはモルタルにウレタンを塗ってある造りでしたので、

今回の修繕工事でも既存の上にウレタンを塗っていく施工方法でご提案させていただきました。

そのために、まずはウレタンを密着させるために必要な下地材(プライマー)を最初に塗ります。

下地材(プライマー)をよく乾かせたら次にウレタンを塗ります。

そして、最後に仕上げ材のトップコートを丁寧に塗り上げて施工完了です。

当然、雨漏りの再発に対しても10年保証です!

他業者さんの見積りが高くて悩んでいる方、または業者選びに悩んでいる方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい!

雨漏りの原因箇所特定の調査、お見積りは完全無料でやらさせていただいております。

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0843 千葉県千葉市中央区末広2-2-19末広サンフレアB棟301
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など