今回はビルでの雨漏り調査と施工事例をご紹介します。

場所が東京都江戸川区で、ビルの所有者の方からの雨漏り調査依頼でした。

5階建ての建物で、4階の天井から雨漏りしているとテナントの方から連絡が入ったご依頼者は急いで見に来てもらえる業者を探しました。そこで雨漏りレスキューに調査依頼を。

テナントさんの予定を聞き、当日は遅い時間だったので翌日に調査に伺いました。

雨漏りレスキューは最短での調査、見積もりを心がけています。そのために即日対応できる時は伺わせていただいてますのでご相談下さい。

まずは雨漏り箇所の確認からです。

電話でのお問い合わせの時にお聞きした通り、天井から雨漏りしているのが確認できます。

雨漏りしている箇所の上はご依頼者の住居スペースになっていたため、早速上がらしてもらい調査開始です。

まずは雨漏り箇所の上部に5階のバルコニーが広がっているのが確認できましたが、去年防水工事を行ったばかりとのこともあり、とてもきれいな状態を保たれていました。しかも、雨漏りしている箇所から少しずれていたのも気になるところでもありました。

5階のバルコニーの周りにはぐるっと外壁が広がってます。

その外壁周りを調査すると、外壁にクラック(ひび割れ)が出来ているのが見つかりました。

サッシ周りのシールの劣化も見つかり雨漏りの原因箇所であることがわかりましたが、雨漏りの難しいところは原因が1箇所に限らないことです。

他に雨漏りしている箇所がないか調査を続けていきます。

そこで気になるのが屋上です。ご依頼者の住居スペースでは雨漏りしているのは確認できませんでしたが、5階の上部に広がる屋上防水層から4階へ雨漏りすることが十分考えられるため、屋上に上がりよく見てみることに。

すると、何年もメンテナンスをやってこなかったためにあちこち痛んでる防水層が見つかりました。

防水層に水が含んでいるため雑草が生えてしまってます。

防水層の内側にも水が溜まってしまってました。

全体的にも痛んでいるのがわかりました。

これでは雨漏りしていてもおかしくありません。

テナントさんにも迷惑かけないためにも確実に雨漏りを止める修理内容でのご提案をさせていただきました。

修理工事の内容は、

①5階バルコニー周りの外壁の塗装工事

②屋上の防水工事

です。

まずは塗装工事の施工写真からです。

サッシ周りシーリング工事になります。

既存の撤去をして新しくシーリングしていきます。

次に、シリコン塗料を使った塗装工事です。

1層目に下地材のプライマーを塗ります。

下地材(プライマー)を乾かしたら塗料を2回塗っていきます。

塗装工事が終わったら屋上の防水工事になります。

高圧洗浄機を使い汚れを落としてから、こちらも外壁と同じく下地材(プライマー)を塗ります。

次にウレタンを塗っていきます。

最後に仕上げ材のトップコートを塗って無事施工完工です。

今回の雨漏り修理工事も、10年間の再発保証期間が付いてます。

きちんとした修理工事をすれば長期的に建物を雨漏りから守ることができます。

雨漏りにお困りの方は一度、雨漏りレスキューにご相談下さい。

年中無休で受け付けております!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など