実は、大家様からの依頼や、管理会社様からの問い合わせは少なくありません。

クレームが来てしまうため、すぐに直そうとする方が多いのだと思います。

今回の雨漏り修理事例は、集合住宅で起きた雨漏りでした。

エリアは、千葉市花見川区です。

ある、強風の伴う強い雨が降った日にいただいたご相談です。

「弊社で管理している物件で雨漏りしています。本日見に行って欲しいのですが、可能でしょうか?」

といった内容でした。

入居している方が、どうやら仕事で忙しい方だそうで、たまたま休みの日に家にいたら雨漏りしてきたそうです。

少しお時間をいただき、現地へ調査に伺いました。

案内された雨漏りしている場所は、窓枠周りでした。

サッシ上部の両サイドからポタポタと雨漏りしていたそうです。

次に、外壁に何か問題がないか調べてみました。

当該物件は、3階建ての鉄骨造りになっていて、外壁は主にタイル外壁になっていました。

雨漏りしているのは、この面の2階です。

梯子を掛けて調査していると、タイルとタイルの隙間にひび割れが出来ているのを見つけました。

タイル外壁の場合、タイルからは雨漏りしません。水を通さないからです。

しかし、タイルとタイルを貼り合わせている箇所には、幅数ミリのモルタルが残ります。

この幅数ミリのモルタルに年数が経つとひび割れが起きるため、雨漏りするのです。

修理するには、このひび割れ箇所から雨水が入り込まないようにする必要があります。

修理方法は、基本的にはひび割れ箇所にシリコン材を使って補修を入れて、塗装工事を行います。

タイル外壁の場合は塗りつぶしという、いわゆる色の付いた塗料で塗装する方法と、クリヤー塗装の2種類があります。

両方とも、タイル面を覆うように塗装しますが、クリヤー塗装の場合は塗料が透明のため、景観や見栄えをそのまま残すことができます。

今回は、見栄えをそのまま残すためにクリヤー塗装で雨漏りを止めることになりました。

クリヤー塗装も、色の付いた塗料と施工手順はほとんど一緒です。

最初に外壁をきれいに洗浄して、汚れやホコリを取ります。

次に窓枠や塗料を付けてはいけない場所に養生をして、窓枠周りのシールと目地を打ち換えます。

そして、ひび割れ箇所に補修を入れて、透明色の塗料で塗装したら完了です。

光沢が出て、まるで新築のようになりました。

施工後

※階段周りは、今回塗装していません。

今回のように、雨漏りしている箇所のみを塗装した場合、大体30万円~50万円位です。(建物の大きさによって変わってきます。)

雨漏りレスキューでは、そういった部分的な塗装工事も行っております。

費用面でお悩みの方や、投資物件のため、なるべく最小限で抑えたい方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい。

年中無休で受け付けております!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など