前回は、瓦屋根からの雨漏りで部分的な修理工事で雨漏りを止めた施工事例をご紹介しましたが、

今回は、部分的な修理で雨漏りを止めることが難しかった例をご紹介します。

千葉県八千代市にお住まいのI様は、築28年の木造住宅に住んでいます。

雨漏り箇所が2階の天井からで、雨漏りしたのが今回がはじめてでした。

長く強めの雨が降ると雨漏りしてしまうとのことでした。

雨漏りしている天井の上は屋根でしたので、屋根の上に上がってみることに。

千葉県八千代市のI様の屋根は、スレート葺き(コロニアル)の屋根でした。

お家を建ててから1度も塗装などのメンテナンスはしておらず、全体的に劣化が目立ち苔なども見られました。

屋根材も大分劣化してしまい反ってしまっている箇所もありました。

屋根からの雨漏りの場合、原因が防水シート(アスファルトルーフィングシート)の劣化から来る

ものがほとんどのため、塗装工事では長期間に渡って雨漏りを止めることが出来ません。

そこで、様々なメリットがある屋根の葺き替え工事をご提案させていただきました。

葺き替え工事と言ってもスレート葺きの屋根の場合は既存の屋根の上から

防水シートと屋根材を被せる様に施工する方法のカバー工法があります。

当然、既存の屋根材を剥がさないわけですからその分手間や撤去費用を抑えることができます。

その点もメリットの1つと言えるでしょう。

その他にも、他の屋根材に比べて断熱効果が優れているところもあり、

千葉県八千代市のI様はそこに魅力を感じられ、施工依頼をいただくこととなりました。

まずは、既存の棟板金を撤去します。既存の屋根材を撤去しないで施工ができると説明しましたが、

この部分だけはどうしても撤去が必要になります。

次に、軒先やケラバに板金の材料を取り付けます。

そして、屋根からの雨漏りを止める為に重要な防水シート(アスファルトルーフィングシート)を貼っていきます。

防水シート(アスファルトルーフィングシート)の上に屋根材を葺いていきます。

カバー工法で使う屋根材はガルバリウム鋼板を使った材質なので、非常に錆びにくく

耐久性にとても優れています。

また1枚1枚をしっかりとかませる様に施工していくので屋根材の下に雨水が流れていくことを

防ぐことが出来ます。

屋根全体を防水シート(アスファルトルーフィングシート)と屋根材で覆いかぶせたら、

最後に棟に棟包みと呼ばれる材料を取り付けて施工完了です。

断熱効果の他にも耐震性にも優れているメリットもあります。

屋根の塗装工事に比べると材料費が高く工事代金が高額な面がデメッリトと言えますが、

費用対効果を考えるととてもおすすめなリフォーム工事ではあります。

カバー工法をお考えの方は、雨漏りしていなくても1度雨漏りレスキューにご相談下さい。

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0843 千葉県千葉市中央区末広2-2-19末広サンフレアB棟301
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など