今回は、2階建てのビルで起きた、雨漏り修理工事をご紹介したいと思います。

エリアが東京都渋谷区です。

ご依頼者の方は、このビルの所有者の方でした。

『1階の天井で雨漏りするため、修理して欲しい。』

といった内容のご相談です。

鉄骨造の建物で、1階にレコード屋さん、2階におしゃれなカフェがテナントとして入っている状況で、雨漏りで困っていたのは、1階のレコード屋さんでした。

雨漏り箇所を見させていただくと、天井の2箇所に、壁紙の剝がれと雨染みが確認出来ました。

雨が降ると、ポタポタと天井から水が垂れてくるそうで、大事な商品を置くことが出来ずとても困っていました。

次に、この上に広がっている2階のバルコニーを見させていただくことに。

カフェでは、バルコニー全体にウッドデッキを造り、お客さんの飲食スペースとして使われている状況でした。

何か所かウッドデッキを剥がさせてもらい、防水層の状況を確認しました。

すると、防水層に水が入ってしまい、あちこちに膨れが出来ているのを発見しました。

何年も防水層のメンテナンスを行っていないとのことでした。

また、ウッドデッキを造ったことも、防水層に水が入り込んでしまった原因だったのかもしれません。

とにかく、一度ウッドデッキを撤去して、新しくウレタン防水で防水層を造り直す必要があります。

しかし、ここで問題なのが、2階のカフェの方の営業に迷惑を掛けてしまうことでした。

もしも、カフェの方の了解を得られなければ、雨漏りを直すことが出来ません。

カフェの方と相談させていただき、平日の3日間で何とか修理することになりました。

雨漏りレスキューは、リフォーム工事のプロでもあります。お客様のご希望の日程で施工することも可能ですので、ご希望の方はご相談下さい。(※夜間工事は行っておりません。)

まずは、ウッドデッキを撤去して、防水層に出来てしまった膨れを取っていきます。

かなりの数の膨れが出来ており、撤去するのにとても手間が掛かりましたw

膨れた箇所の撤去が終わったら、下地の調整を行い、プライマーを塗膜していきます。

ここまでで、1日目の作業は終了です。

2日目は、防水塗膜のウレタンの塗膜です。

正直なところ、作業としては、初日の下地調整を含む下地塗膜(プライマー塗膜)が一番時間が掛かりました。

そして、最終日の3日目は、仕上げ材のトップコートを塗膜して乾かします。

ここまでで、雨漏りの修理工事(ウレタン防水工事)は完了です。

最後に、ウッドデッキを戻して施工完工です。

今回の雨漏り修理工事では、2階のカフェの方にとてもお世話になりました。

カフェの方の協力が無ければ、1階で起きている雨漏りを止めることが出来なかったと思います。

感謝の気持ちしかありません!

雨漏りレスキューは、様々な状況の修理工事に関わらせていただいてきました。

他の業者さんで、断られてしまった難しい内容でのご相談も、出来る限りの協力をさせていただきます。

当然、調査・見積りは無料ですので、雨漏りにお悩みの方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など