屋根の葺き替え工事で、範囲の狭い工事だと施工を受けてくれない、もしくはあれこれと話が進んでいき

大規模な修理工事になってしまい、結構な金額の見積りになってしまったという方も多いと思います。

しかし、雨漏りレスキューでは、常に雨漏りにお困りの方の助けになることを第一に考えているので

たとえ、部分的な修理工事でも喜んでお受けしています。

そこで今回は、部分的な屋根の修理工事をご紹介したいと思います。

東京都大田区にお住まいのM様のご自宅で起きた雨漏りでした、

雨漏り箇所は、1階の天井からでした。

明り取り(天窓)の周りが雨漏りによって黒ずんでしまっているのが確認出来ました。

上に上がって確認してみると、下屋根になっており、スレート屋根でした。

スレート屋根は、コロニアル屋根やカラーベスト屋根などといくつかの名称がありますが、

基本的には、耐久性を維持していくために定期的な塗装工事が必要な屋根材ではあります。

しかし、東京都大田区のM様の屋根は、長い間塗装工事をしておらず、スレート屋根が劣化してしまい

湿気や雨水などが大分しみ込んでいる状況でした。

苔も生えてしまっていますし、仮に水洗いしてこの苔を落としてから綺麗に塗装工事をしても

長期的に屋根を雨漏りから守ることは難しいと言えるでしょう。

そこで、確実に雨漏りを止めるために、屋根の葺き替え工事を提案させていただきました。

広さは、3坪程度と狭い屋根の葺き替え工事ですが弊社は雨漏りを止めるための施工業者ですので

当然広さに関わらずお受けさせていただいております。

今回の、東京都大田区のM様の屋根はスレート屋根ですので葺き替え工事と言っても既存の屋根材を剥がさず

その上から葺き替えるカバー工法で修理させていただきました。

他の屋根材(例えば瓦など)の場合は、既存の屋根材を捨てるために、処分費などが別で掛かってしまいますが、

その様な費用が掛からなくて済むのがカバー工法の特徴です。

では、写真で少し施工内容をご紹介したいと思います。

既存の屋根材(スレート屋根)の上に直接防水シート(アスファルトルーフィングシート)を被せていきます。

そして、防水シートの上にガルバリウム鋼板の屋根材をしっかりと一枚ずつかませて葺いていきます。

壁との立ち上がり箇所も壁押さえという材料で固定し施工していきます。

屋根材の下に雨水が入り込まないよう、しっかりと施工します。

最後に、明り取り(天窓)周りをきっちり雨水が入らないように施工したら、施工完工です。

天窓からの雨漏りも非常に多いため、こういった細かい施工もとても重要です。

この様に、雨漏りレスキューでは、工事の内容にこだわらず雨漏りを止めることだけを考えていますので、

雨漏りにお困りの方は一度ご相談下さい。

年中無休で受け付けております。

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など