突然起きた雨漏りを直すために、予想以上の見積りに驚いた方もいらっしゃると思います。

建物の劣化の状況次第では、大規模な修繕工事を行わないと雨漏りを直せない場合もありますが、大半の場合は部分修理や、1面のみの塗装工事、雨漏りしている面のみの屋根修理などで十分直せたりするものです。

そこで今回は、雨漏りを直すためだけに施工した、片面のみの屋根葺き替え工事をご紹介したいと思います。

千葉市中央区の方からのご相談でした。

『自宅兼店舗で使っている物件の1階トイレで雨漏りしているため一度見に来て欲しい。』

といった内容の、お問い合わせをいただきました。

日程調整後、早速雨漏りしているトイレを確認させていただきました。

中に入ってすぐに、天井から壁にかけて雨漏りしているのが確認できました。

次は外に出て、建物の構造がどうなっているのかの調査です。

雨漏りしているトイレは、伸ばしている脚立の丁度左側になります。(面格子が取り付けてある窓)

下屋根と外壁との立ち上がり箇所がどうやら怪しいので、下屋根に上がり調査開始です!

立ち上がり箇所を見てみると、湿気によってボロボロになってしまった外壁を見つけました。

問題は、どうやって湿気が入り込んだかです。

外壁には雨水が入り込みそうな箇所は見当たりませんでした。

しかし、外壁と下屋根の取り合いを見てみると、劣化によって少し隙間が出来ていました。

どうやら、外壁と下屋根との取り合い箇所から雨漏りしているようです。

新しく壁押さえと呼ばれる板金の材料を取り付ければ、ある程度雨漏りは収まりそうでしたが、確実に雨漏りを止めるには、横風などの影響による、下屋根側からの漏水(雨漏り)も防がなければなりません。

そうなってくると、やはり外壁との取り合いに付いている板金を外してから防水シートを新しく貼り替える必要があります。

しかし、今回のご依頼者の方の予算では下屋根全体を葺き替えることは難しそうでしたので、片面のみの屋根の葺き替え工事を提案させていただきました。

まずは、雨漏りの原因箇所に捨て水切りと呼ばれる材料を取り付けて、防水シートを貼り新しい屋根材を葺いていきます。

そして、片面全てに新しく屋根材を葺いていったら、壁押さえと呼ばれる材料で下屋根と立ち上がり箇所の外壁を被せて雨漏りしない構造にします。

施工後写真

実は、雨漏りレスキューに相談する前に、この建物を建てた業者に相談したところ、

「屋根全体を葺き替えなければ保証はできない。」

と言われて、予想以上の高額な見積りを出されたそうです。

確かに、片面のみの葺き替え工事はリスクがあります。(棟周りから雨漏りする可能性があるため)

しかし、長年雨漏りのみの修理工事に携わってきた雨漏りレスキューでは、その様な特殊な修理工事もたくさん受けてきたため、とても慣れています。

大事なことは雨漏りをしっかりと止めることです。

もしも、雨漏りにお困りで、高額な見積りでお悩みの方は、諦めずに一度雨漏りレスキューにご相談下さい!

お客様の希望に添った部分修理で必ず雨漏りを止めてみせます!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など