雨漏りレスキューでは、雨漏りの修理工事に対して再発保証が付いています。(一部の補修工事は除く)

ですから、一度止まっていた雨漏りが数年後再発した場合は、当然伺いますし、我々の工事に不備があるよう場合は、再修理に無償で取り掛からせていただいております。

なぜならば、修理工事後1~2年程度で悪くなってしまうような工事はしないからです。

しかし、別箇所からの雨漏りに対しては、保証外になり、別の工事が必要になります。

今回、ご紹介する雨漏り修理工事は、そういった内容の別箇所から雨漏り再発してしまった例になります。

千葉市緑区にお住まいの方からの雨漏り相談でした。

相談内容は、1階のリビング天井から窓枠周りにかけて雨漏りする

といった内容でした。

雨漏りしているリビングの上には、2階のベランダ(バルコニー)がありましたので、まずはベランダに雨漏りしている箇所がないか探しました。

すると、ベランダのあちこちに防水層の劣化によってめくれかけてしまっている箇所や、ひび割れが発見されました。

調査した結果、モルタルの上にウレタン防水が施工されているようでしたが、どうやら経年劣化によって痛んでしまったようです。

しかし、他にも雨漏りしそうな怪しい箇所もありました。

ベランダ周りの内壁にあるシールの劣化です。

依頼者の方の家は、窯業系サイディング材を使った外壁でした。

窯業系サイディングは、日本の戸建住宅で一番使われている外壁材と言われています。

家を建てる時にコストを抑えることが出来ることや、様々なバリエーションの外壁材から選ぶことが出来るため、とても人気のある外壁材です。

ですが、定期的な塗装や目地の打ち替え工事(シール打ち)を行わないと、ひび割れなどが起こり雨漏りの原因になります。

依頼者の方の家でも、まさにその状態になりつつありました。

細かい調査の結果、今回の雨漏りは、2階バルコニー防水工事とベランダ周り(内壁)のシール打ち替え工事で雨漏りを止めれると判断しました。

しかし、数年後に別箇所での劣化によって似たような場所で雨漏りすることは十分考えられたため、その旨はきちんと依頼者の方にご説明させていただきました。

そして、それから3年後に、また雨漏りし始めたそうです。

伺ってみると、以前我々が説明したことを憶えてくれていたようで、雨漏りしそうな怪しい箇所にブルーシートを被されていました。

この応急処置によって雨漏りはとりあえず止まっていたようです。

また、ブルーシートを外して見てみると、外壁にひび割れが出来てしまっているのを確認出来ました。

当然、ベランダの状況も確認しましたが、劣化は発見できず、今回は別箇所からの雨漏りだと判断できました。

このように、同じような場所で、時間が経ってから、違う原因で雨漏りすることがあります。

雨漏りの専門業者は、ピンポイントで原因箇所を特定することが出来るため、あちこち修理しないと雨漏りを止めることは出来ないなどと言うことはありません。

ですが、すべて修理しないと直すことができないと説明し、なるべく大きな工事を契約させようとする業者がいるのも事実です。おそらくは、雨漏りの修理にあまり自信が無いのだと思います。

しかし、我々は雨漏りの専門業者です。その時々で必要な修理内容を考え、的確に修理することで無駄な工事を行うことなく、コスト面でもお役に立てるよう努力しています。

そのため、今回のケースのように数年後に同じ場所で違う原因で雨漏りしてしまうことはあります。

その時にまたご相談いただければ、再調査をして修理内容を提案させていただいております。

今回の依頼者の方も、長年塗装工事を行っていなかったので、メンテナンスも兼ねて雨漏り修理のために、外壁塗装工事をしました。ここで、施工事例を紹介したいと思います。

あちこちのシールの劣化が目立ちましたので、一か所ずつ撤去して、新しいシールを打ちました。

笠木周りのシール打ちも、まとめて行いました。

今回は、同じようなブルー系統の色で塗装させていただきました。

ちなみに、使った塗料は『エスケープレミアムシリコン』です。

雨漏りの原因箇所もきっちりと修理してきれいになりました。やはり、塗装工事をすると、お家に光沢が出てきれいになります。

ちなみに、以前工事した2階バルコニーの防水工事です。ウレタン防水工事を行わせていただきました。

まずは劣化した箇所を撤去して、補修を入れます。

その後に、下地材(プライマー)・防水塗膜(ウレタン)・仕上塗膜(トップコート)の順に塗膜していきます。

数か所、シール打ちをしました。

雨漏りは、建物が劣化すれば当然起こりうることですので、仕方ありません。

しかし、そこで大事なのは一度修理したからといって終わるのではなく、きちんと付き合ってくれる業者を選ぶことだと思います。

雨漏りレスキューは、修理工事をしてからがスタートだと考えております。

雨漏りでお困りの方や、長く付き合える業者をお探しの方は一度ご相談下さい。

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など