雨漏りレスキューでは、たくさんのリピーターのお客様から雨漏り修理工事の依頼をいただいております。

建物の構造によっては2~3年の間に複数箇所から雨漏りしてくることなど珍しくはありません。

「前回修理したところは完璧に直ったけど他のところから雨漏りが、、、、」

といった内容のお問い合わせをたくさん受けています。

そこで今回は約2年前にご依頼いただいた雨漏り修理工事と最近別箇所で起きた雨漏りの調査、修理内容をご紹介していきたいと思います。

千葉県船橋市にお住まいのE様は3階建ての木造住宅に住んでいます。

「3階の天井から雨漏りしているので一度見に来て欲しい。」とお問い合わせをいただきました。

後日雨漏り調査に伺うと、お電話でお話しした通り3階の天井から雨漏りしていました。

雨漏りで天井のクロスが剝がれてました。

雨漏りしている部屋の上が屋上になっていて陸屋根になっていたのですが、実は防水層に亀裂が入っていたのでE様がちょっとした補修を入れてブルーシートを被せていたとのことでした。

亀裂から入った水で防水層が膨れているのが見てわかります。

この状況でしばらく雨漏りは防げていたみたいです。しかしきちんとした修理をするために雨漏りレスキューにお願いすることになたようです。

防水層の亀裂から中に水が入っていまい膨れているのも確認できましたし、これでは雨漏りしてもおかしくありません。新規でのウレタン防水工事で雨漏り修理することにしました。

カチオンで下地の調整をします。

 

次に下地材(プライマー)を塗膜します。

乾いたらウレタンを塗膜します。

仕上げ材のトップコートを塗膜したら施工完工です。

3階での雨漏りはウレタン防水工事で無事止めることがきました。

それから約2年後に「2階のリビングで雨漏りしているから修理をお願いしたい」とご連絡をいただいたので調査に伺いました。

今回の雨漏りも天井からのようでした。

天井にシミ跡がありました。

どうやら雨漏り箇所の上には3階のバルコニーがあるようです。

外壁に雨漏りしそうな箇所がないか調べてみると数年前に塗装工事をやっていたこともあり、とても綺麗でした。雨漏りしそうな箇所はありません。

次に3階のバルコニーです。3階バルコニーの防水工事は何年間もやってなかったため亀裂や劣化が目立ちました。

前回の屋上と同じような状況です。

今回の雨漏りはこの3階のバルコニーの亀裂箇所から雨漏りしているようです。前回同様ウレタン防水工事で修理することで雨漏りを止めることができそうです。

しかし、他に防水工事が必要なところがあるならば一緒に修理してしまった方が良いことをE様にご説明しました。なぜならば、複数回に分けて修理工事(防水工事)をするとトータルでかかる費用が割高になってしまうからです。ましてや他の防水層からまた数年以内に雨漏りしないとは言い切れません。3階バルコニーと状況が一緒ならばなおさらです。

そこで他に防水工事が必要な箇所がないか調べてみることに。すると2箇所防水工事が今にも必要な所がありました。状況としては3階のバルコニーより悪い状況です。

塔屋の写真です。

劣化が進みモルタルが剥がれている箇所もありました。

他にも似た状況の箇所が1箇所ありました。

こちらはヒビ割れが目立ちます。

正直なところ、この2箇所から雨漏りが今現在あったとしても不思議ではありません。E様に写真を見てもらいすべての防水工事をすることをお願いされました。無事施工も終わりましたので、施工後の写真を何枚かご紹介したいと思います。

雨漏りレスキューでは雨漏りを止めるための修理工事はもちろんのことですが、お客様にとって1番になる修理内容や修理方法をご提案させていただいております。何かわからないことや疑問に思うことなどありましたらご質問下さい。

年中無休で受け付けております。雨漏りでお困りの方は一度ご相談下さい。必ず雨漏りを止めます!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など