今回は、賃貸物件で起きた雨漏り修理工事をご紹介したいと思います。

エリアが、千葉市中央区です。

物件オーナー様からのお問合せで、相談内容はこのような内容でした。

「築40年以上の2階建てアパートの2階に住んでいる方から、雨が降ると天井で雨漏りすると言ったクレームがきました。実は少し前に別の業者に見てもらい見積りを出してもらったのですが、手を出せる金額ではありませんでした。必要最小限での修理希望です。一度入居者の方と連絡を取ってもらい見て欲しいです。」

とのことでした。

まずは、現地での無料調査です。

お部屋の中を見させていただくと、お問合せの内容通り、天井で雨漏りしているのが確認できました。

入居者の方のお話では、数年前にも同じ箇所で雨漏りしていたそうです。

しかし、ここ数年は雨漏りはしていなかったとのことでした。

ところが、今年に入り梅雨入りした頃から、雨が降る度に雨漏りするようになったそうです。

何やら屋根に問題でもあるのかもしれません。

次は屋根に上がり、屋根の上を調査開始です。

屋根の形状は、よくあるスレート葺き屋根でした。

6世帯の方が住んでいるだけあって、なかなか大きな屋根になっていました。

しかし、見てわかるような破損箇所などは見当たりませんでした。

破損箇所が見当たらない場合は、棟板金周りから侵入した雨水で雨漏りが起きる場合と、瓦との隙間から入った雨水で雨漏りが起きる場合とが考えられます。

どちらにせよ、瓦の下に貼ってある防水シートの劣化が原因のため、屋根の葺き替え工事(カバー工法)でないと雨漏りを止めるのは難しいといった判断になりました。

おそらくは、別の業者さんも同じ判断をして屋根の葺き替え工事の見積りを作ったのでしょう。

しかし、ご依頼者の物件オーナーの方は、そんなに大金を掛けることができないとのことでしたので、雨漏りしている箇所のみの葺き替え工事を提案をさせていただきました。

金額面でもご納得してもらい、施工させていただきましたので、ここで施工事例をご紹介していきたいと思います。

今回は、屋根全体の葺き替え工事ではないため、お隣の方の住居との境目に見切りとなる材料を使い、区切りを造ります。

その上に、防水シートを貼り、屋根材を被せるように屋根を葺いていきます。

ちなみに今回使った屋根材は『ヒランビー』でした。

立ち上がり箇所からは、とても雨漏りすることが多いため、壁押さえと呼ばれる材料で、しっかりと施工します。

区切りを造った箇所にも、雨漏りしないようしっかり施工します。

棟周りはとても重要です。防水テープを棟板金周り全体に貼り、新しく棟板金を設置します。

施工後は、こんな形になりました。

雨漏りレスキューでは、様々な修理工事を行ってきました。

雨漏りしている箇所のみの葺き替え工事などもその一つです。

また、今回のケースのように、入居者の方と直接連絡を取り合うことにも慣れています。

忙しい大家様に代わり、現場調査から修理工事の段取りや、近隣の方々へのご挨拶もお任せ下さい。

雨漏りお困りの方や、他業者さんの見積り金額などでお悩みの方も一度ご相談下さい!

年中無休で、24時間夜間も受け付けております!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など