今回は、店舗で起きた雨漏り調査・修理工事をご紹介したいと思います。

エリアが、東京都江戸川区です。

以前に、別の物件でお世話になった建物オーナー様からのご依頼でした。

「所有している建物の1階トイレの床から雨が強いと雨漏りするため、修理して欲しい。」

との内容での、ご相談です。

まずは、現地での雨漏り調査からです。

雨漏りしている店舗は、飲食店でした。

そのために、営業に差し支えの無い時間帯を選び調査開始です!

案内していただいた場所は、1階店舗内のトイレでした。

どうやら、トイレの隅で雨漏りしているようです。

一旦、外に出て、雨漏りの原因箇所を探しに行きます。

すると、雨漏りしているトイレのすぐ近くの外壁に、ひび割れがあるのが見つかりました。

※建物の基礎との間にある目地が、パックリと裂けてしまっていました。

※ALC外壁材とのつなぎ目に打ってある目地にも劣化が目立ちます。

このように、外壁の目地や基礎周りから雨漏りすると、床から漏水してきます。

ALC外壁での、よく見られる雨漏りです。

劣化した目地を修理すれば雨漏りは止まります。

しかし、はしごを掛けて補修工事をするには、敷地が狭いため難しいようです。

そこで、どうせ足場を組むのならば、いっそのこと建物全体を修理してしまおうってことになりました。

当然、雨漏りしている箇所だけが劣化している訳ではないため、今後別箇所で雨漏りしないとは限りません。

我々としても、まとめて修繕することは、とてもお勧めしています。

まずは足場を組み、高圧洗浄機を使い清掃したら、劣化している箇所や目地の打ち替えです。

ただ、塗装工事をするのではなく、下地の補修や調整はとても重要になります。

この下地の補修を入れないで塗装工事をしてしまい、雨漏りが止まらない物件をたくさん見てきました。

こういったところが、一般的な塗装業者と雨漏り修理業者の違いだと思います。

次に、下地の塗装(プライマー)です。

仕上げに塗る塗料を密着させるために塗装します。

下地塗装(プライマー)が終わって、良く乾かしたら仕上げ材の塗料を2回塗っていきます。

雨漏りレスキューでは、外壁の塗装工事では、エスケープレミアムシリコンを使わせていただいております。

タイル外壁には、クリア塗装できれいに仕上げました。

今回は、飲食店さんの店舗(カフェ)ということもあり、お店の入り口周りも色を変え、イメージも変えました。

施工前

施工後

外壁の塗装工事には、大きく二つの大事な要素が必要と考えています。

一つは、見栄えを良くすることと、もうひとつは雨漏りから建物を守るためです。

雨漏りレスキューでは、この両方の要素をしっかりと兼ね備えた塗装工事を行っておりますので、店舗の入ったビルや、飲食店などの方で塗装工事をお考えの方は、是非雨漏りレスキューにご相談下さい!

年中無休で、夜間も24時間受け付けております!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など