今回は、賃貸物件での雨漏り修理工事をご紹介させていただきます。

エリアが東京都江東区です。

ご依頼者の方は、とある2階建の木造物件を、飲食店開業のために借りられました。

1階は飲食店。そして、2階はマッサージ店として営業予定でした。

1階は、改装工事後、問題なく営業を開始したのですが、2階が強い雨の降った日に雨漏りし始めたのです。

エアコンの下に雨漏りの跡がありました。

障子にも雨漏りの跡が・・・ 

このままでは、営業することができないため、雨漏りを直したいのですが、ここで問題が出てきました。

この雨漏りの修理費用を、ご依頼者の方が負担する契約を結んでいたのです。

とても古い建物(築40年)のため、何か問題が起きた場合は、借主の方が修繕することになっていたため、今回の雨漏りもご依頼者の方が費用負担しなければなりませんでした。

古い建物を借りる場合、よくある契約内容ではあるようです。

雨漏りレスキューでは、今回のようなケースのお悩みも多数受けてきましたが、どうやら、借主さんが費用負担する場合は、修理に掛かる費用を抑えるのが一番重要のようでした。

自分の持ち物件ならば、将来のことを見据えて大規模に修繕することも考えられますが、自分の持ち物件でないと、そうはいきません。

今回のご依頼者の方も、当然そういった考えでした。

しかし、別業者の方に、調査・見積り依頼をしたところ、屋根の葺き替え工事を提案されたそうです。

見積り金額も高額で、困っていたそうです。

そこで、もっと安く雨漏りを止めることができないか?別業者に見てもらおうと思い、雨漏りレスキューに相談することになったそうです。

そこで、まずは雨漏りの原因箇所の特定からです。

この雨漏りしている2階の部屋の上には、屋根がありましたので、早速上がって調査開始です。

屋根は、瓦屋根になっており、雨漏り箇所の真上は、パラペットになっていました。

このパラペットの笠木に、劣化によって浮き出てしまった釘や、サビによって今にも板金に穴が開きそうな箇所が複数箇所見受けられました。

このような箇所からは、雨漏りします。

逆に、瓦屋根を調査しましたが、雨漏りしような箇所は見つかりませんでした。

あとは、どのような時に雨漏りするかが重要ですが、ご依頼者の方のお話ですと、少し強く雨が降ると毎回雨漏りするとのことでした。

風の向きや強さは関係ないようです。

そうなると、瓦屋根は今回の雨漏りに関係なさそうです。

なぜなら、風の強い日のみに雨漏りするようなら、瓦の隙間から雨漏りした可能性が高くなります。

その場合、屋根の葺き替え工事が必要になりますが、風の強弱や向きが関係ないとなると、パラペットの劣化箇所から雨漏りしていると判断できます。

どうやら、今回はパラペットの修理工事で雨漏りを止めれそうです。

修理の内容は、新しくパラペットの周りを板金(ガルバ鋼板)で被せてしまう方法です。

施工後

今回の工事に掛かった費用は、12万円位です。

屋根の葺き替え工事のおよそ10分の1程度で、修理することができました!

屋根からの雨漏りの場合、修理に掛かる費用が高額になる場合が多いですが、中には部分修理で雨漏りを止めることもできます。

雨漏り箇所のみを修理したい方は、一度雨漏りレスキューにご相談下さい。

年中無休で受け付けております!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など