今回ご紹介する施工事例は、外壁からの雨漏りによる修理工事です。

ご依頼をいただきましたお客様は、千葉県市川市に住むE様です。

2階を住居としてE様が住んでおり、1階を店舗として貸しに出されている建物でした。

雨漏りしてしまっているのが、1階のサッシ周りからで、1階を借りている方に迷惑を掛けてしまうと

いけないため、雨漏りレスキューに現地無料調査のご依頼が来ました。

なるべく早く見に来て欲しいとの要望に応えるためにも、お電話をいただいた当日に伺わせていただくことに。

1階を借りている方に雨漏り箇所と状況を聞いてみると、1階のサッシ周りから雨が降ると

雨漏りすることがわかりました。

見た目は綺麗でしたので、おそらく雨漏りして間もないのでしょう。

この程度で、雨漏りに気が付けたのでしたら、部屋内のクロスなどの修理は必要無さそうです。

そして、雨漏りしているサッシの外壁周りを見てみました。

千葉県市川市のE様のご自宅の外壁はALC外壁でした。

細かく外壁を調査してみたところ(特に雨漏りしているサッシの上)ALC外壁の繋ぎ目にあるシールや

外壁自体にできてしまったひび割れ(クラック)がとても目立ちました。

ALC外壁の経年劣化によって出来たひび割れ(クラック)からの雨漏りはよくありますが、

きちんとした塗装工事を行えば100%雨漏りを止めることはできます。

それでは、施工事例をご紹介したいと思います。

まずは、作業するために必要な足場を組み外壁全体を高圧洗浄をかけ綺麗にします。

外壁を綺麗に清掃をかけたら、次に傷んでしまった目地に新しいシールを打っていきます。

ひび割れ(クラック)箇所にもシリコンで補修を入れたら塗装するための下地材(プライマー)を

塗っていきます。

ここで、塗料のちょっとした説明ですが、塗装工事で使う塗料の種類はたくさんあります。

その中でも、塗料の効果を長持ちさせ、より長期的に雨漏りから建物を守ることができる塗料で

油性のシリコン塗料があります。

今回の千葉県市川市のE様のご自宅の塗装工事では、その油性のシリコン塗料を使わせていただきました。

塗料を塗るために必要な下地材(プライマー)を塗り終え、乾かしたら1回目の塗装工事を行っていきます。

外壁の塗装工事の場合、2回塗りするのが基本的と言われています。

1回目の塗装が終わり、よく乾かしたら2回目の塗装を行っていきます。

2回目の塗装が終わり、基礎周りもキレイに塗装をしたら施工完了です!

やはり、塗装工事をすると建物もきれいに見えます。

雨漏りから建物を守るためにも必要なメンテナンス工事となりますので、

塗装工事をお考えの方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい。

塗料や施工に対しての保証はもちろんのこと、雨漏りの再発に対しても10年間の保証付きで

お付き合いさせていただきます。

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など