今回は、他業者さんが施工しても止められなかった、雨漏り修理事例をご紹介したいと思います。

地区が、東京都台東区エリアになります。

ご相談内容が、

「鉄骨3階建ての建物で、2階と3階で雨漏りしています。約半年前に外壁の塗装工事をやったのですが、雨漏りが改善されませんでした。そのあとに何度か、塗装した業者が来てくれて補修をしてくれました。そして、何とか3階で起きている雨漏りは止まりましたが、今だに2階で起きている雨漏りは止まっていません。原因箇所の特定と修理をお願いします。」

といった内容でのお問合せでした。

まずは、現地調査からです。

案内されたお部屋は広いリビングになっており、天井板が剥がれている箇所がありました。

どうやら、ここが雨漏りしている場所のようです。

しかし、周りをよく見てみると、他にも怪しい箇所がありました。

複数箇所で雨漏りしている可能性があります。

次に、原因箇所の特定です。

今回のご依頼者の方のお家は、屋根が陸屋根(平らな屋上)になっていました。

そして、3階に中庭のような形のバルコニーが広がっている造りになっていました。

約半年前には、屋上や3階のバルコニーは防水工事を行っていなかったようで、外壁の塗装工事のみを工事したとのことです。

そうなってくると怪しいのが、この2ヶ所の防水層です。

しかし、今回の依頼は、原因箇所の特定も希望されていたこともあったため、後日散水調査をすることになりました。

※雨漏りレスキューでは、有料での散水調査も行っております。同業者の方からのご依頼や、原因箇所の特定のみをご希望の方など、興味のある方は一度ご相談下さい。

散水調査当日、まずは、塗装工事をした箇所に散水してみましたが、漏水は確認できませんでした。

次に、3階のバルコニーに散水してみましたが、ここでも漏水は確認できませんでした。

最後に、屋上の防水層への散水です。

3階のバルコニーに比べると、劣化が目立ちました。

いわゆる防水層に出来てしまったひび割れです。

このひび割れ箇所に散水していると、数分後に、2階の天井板が剥がれている箇所から水が落ちてきました!

どうやら、今回の雨漏りの原因箇所は、屋上の防水層のようです!

屋上から3階を飛び越えて、2階まで雨水が流れていったことになります。

鉄骨造の建物では、たまにあることです。

建物の梁を伝ってかなり遠い所まで雨水が流れてしまったのです。

こういったところが、雨漏りの怖いところであります。

あまり雨漏りになれていない業者に依頼すると、痛い目にあいますが、今回は不幸中の幸いで、外壁と防水層両方から原因があったことににります。

確実に雨漏りを止めるには、外壁・防水層両方を修理する必要があったため、両方とも無駄な工事にはなりませんでした。

施工前

 

施工後

改修ドレンの設置や、劣化箇所にはきちんと補修を入れました。

雨漏りはとても難しい場合があります。

修理はしたけど止まらず、業者と連絡が取れなくなった、なんて話しもたまに聞きます。

雨漏りレスキューは、雨漏りの専門家です。

止められない雨漏りはありませんので、雨漏りでお困りの方や業者選びでお悩みの方は、一度雨漏りレスキューにご相談下さい!

年中無休で受け付けております!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など