今回、ご紹介する雨漏り修理工事は、外壁から侵入した漏水による雨漏りでした。

エリアが、東京都世田谷区です。

この建物は、3階建ての鉄骨造になっていました。

賃貸物件となっており、2階に入居している方からのクレームで、「天井に雨漏りの跡があるから見て欲しい。」

と、管理会社に連絡が入りました。

そこで、我々にご相談をいただきました。

入居者の方のご希望は、当日に見に来て欲しいとのことでしたので、即日対応が可能でしたので、早速伺わせていただきました。

※雨漏りレスキューは、可能な限り一番早い日程での調査に伺っております。当日に見に来て欲しい方は、お電話にて、一度ご相談下さい。

案内された部屋の写真です。

確かに、天井に染み跡がありました。

この上には、3階の部屋があるため、その部屋を見てみないことには、原因箇所を特定することはできません。

そこで、次は3階の方と連絡を取り、雨漏りしていないか見させていただくことになりました。

3階の部屋の写真です。

すると、やはり2階と同じような箇所に、黒いシミ跡が天井付近にあるのを発見しました。

どうやら、屋上との境にある勾配の付いた外壁面から雨漏りし、そのまま建物の鉄骨の梁を伝い、2階の天井へ雨漏りしていたようです。

タイル外壁の雨漏りの場合、目視ではわかりにくいところで雨漏りします。

タイルに出来てしまったひび割れとは別に、タイルを埋め込ませているモルタル面に出来てしまったひび割れ箇所から雨漏りしていると、外壁全体を塗装しないと雨漏りを止めることが出来ません。

今回は、まさにそのケースでした。

目視では、原因箇所を特定できないため補修工事で雨漏りを止めることが難しい状況でした。

しかし、この2階と3階の部屋で起きている雨漏りを止めるために、建物全体を塗装する予算はなかったため、雨漏りを止めるために必要な箇所だけを塗装工事をする内容で、修理しました。

作業工程は、まず足場を組み、塗装する箇所を洗浄します。

洗浄後、下地材(プライマー)を塗装します。

下地材を塗装し、シリコン系の塗料で2回塗装したら、完了です。

今回は、『エスケープレミアムシリコン』を使わせていただきました。

施工前

施工後

タイル外壁は非常に耐久年数の高い外壁になっていますが、当然年数が経てば雨漏りします。

修理方法は業者さんによって様々ですが、雨漏りレスキューでは、塗装工事での修理を行っています。

状況によって、塗料を使った塗装か、無色透明の材料を使ったクリア塗装かで分かれますが、今回の物件では、既存の汚れが目立つため、シリコン塗装工事を勧めさせていただきました。

また、雨漏り面のみの塗装工事となりましたが、雨漏りレスキューではそういった部分的な塗装工事も大歓迎です。

大事なのは、雨漏りを確実に止めることと、お客様の要望に答えることです。

別業者の見積りで、思った以上に予算がオーバーしてしまい、お困りの方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい。

年中無休で、受け付けております。

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など