皆さんは連棟住宅をご存知ですか?

連棟住宅とは、建物の構造が一体となっている2戸以上の住宅のことです。

そのため、一戸建て住宅を買って住んでいる場合と違い、少し複雑な契約もあったりするのです。

今回、ご依頼をいただいた方は、千葉県市川市に物件を所有する方で、建物の構造が連棟住宅になっている方でした。

お電話でお問合せをいただいた時は、

「窓枠の上からポタポタと雨漏りするので修理して欲しいです。おそらくは、サッシ周りのシールが劣化していると思うので、シールの打ち替え工事をお願いします。」

といった内容でしたので、補修工事で雨漏りを修理するケースだと思っていました。

日程調整をしてからご依頼者の方と現地でお会いすると、連棟住宅であることがわかりました。

実はこの物件、賃貸物件として貸しに出す予定の物件で、雨漏りをきちんと止めないと貸しに出せない状況でした。

まずは雨漏り箇所の確認をしてから、雨漏りの原因箇所を探していくのですが、管理会社さんがカギを持っていて中にはいることが出来ませんでした。

しかし、中は誰も住んでおらず、外からお家の中が丸見えだったので、何とか雨漏り箇所を確認することが出来ました。(雨漏りしていた時の状況を動画で取っていただいてました。そのため、どこから雨漏りしていたかわかりやすかったです。)

次に雨漏りの原因箇所を見つけていきます。

雨漏りしていた窓枠のやや右上に、タイルごとひび割れが出来てしまっている箇所を見つけました。

その他にも、ひび割れが出来ている箇所が複数見当たりました。

この状況では、あちこちで雨漏りしてもおかしくありません。

また、タイル外壁での雨漏りの場合、ピンポイントで原因箇所を特定させることは出来ません。

目で見ることが出来ないタイルの裏側がどうなっているのかわからないからです。

タイル外壁での雨漏りの場合、塗装工事で雨漏りを止めます。

しかし、今回のご依頼者の方の場合、連棟住宅のため勝手なことが出来ませんでした。

当然、お部屋内のリフォームはそれぞれ自由にやることが出来ますが、外周り(外壁)に関しては、複数人の方で所有するため、景観を変えることが出来ないケースがほとんどです。

今回の連棟住宅も、『タイル外壁を維持すること』と、契約書に記載があったそうです。

そうなってくると、タイル外壁の景観を変えることは出来ません。

塗装工事でも、色の付いた塗料で塗装工事をしては契約違反になってしまうため、今回はクリヤー塗装で雨漏りを修理することになりました。

※今回の物件のように、汚れやひび割れが目立つ場合は、色の付いた塗料での塗装工事をお勧めしています。薬品を使った清掃では落ちない汚れが残ったり、工程が一つ増え工事代金が割高になってしまうからです。

まずは、塗装する外壁面の洗浄作業です。

なるべく、汚れを取るために手洗いで洗浄します。

綺麗に清掃をかけたら、無色透明のクリヤー塗装で雨漏りしている箇所の1面を塗装して雨漏りを確実に止めます。

今回の、一面塗装工事(クリヤー塗装工事)でかかった費用は、約30万円位でした。

連棟住宅の場合、様々な規約や契約内容があるため、お客様自身で確認していただかなければならないことがあります。

わからないことや、不安に感じてしまうこともあると思いますが、経験豊富なスタッフが一つ一つ丁寧にご説明しますので、是非今回のケースのような内容でお困りの方は雨漏りレスキューにお任せ下さい!

年中無休、24時間受け付けております。

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など