雨漏りの原因箇所が1箇所とは限らない場合があります。

そういった場合は、複数箇所を修理しないと雨漏りを止めることが出来ません。

今回はそういったケースでの、雨漏り修理工事をご紹介したいと思います。

お問合せをいただいたのは、千葉県八千代市エリアの方でした。

「最近では、ほとんど使うことがなかった2階のトイレがあるのですが、今日たまたま見てみたら天井の壁紙がたるんでいました。触ってみると中に水が溜まっています。おそらく雨漏りだと思うので一度見て欲しい。」

といった内容のご相談でした。

早速、お伺いさせてもらい、雨漏りしている場所の確認です。

写真ではわかりにくいのですが、案内されたトイレの天井壁紙がたるんでいるのが確認できました。

その他にも、柱を伝って雨漏りしていました。

雨漏りしている箇所を確認する限り、かなりの水量が建物内に入っているのがわかりました。

次に、この雨漏りしている天井の上に上がりました。

まず最初に目に入ったのが、屋上です。

平面の造りになっている屋上でした。

構造は、ウレタン防水となっており、劣化によって、あちこちが痛んでいるのが確認できました。

次に雨漏りしている箇所の真上を見てみると、排水口があるのがわかりました。

しばらくの間、掃除もされていなかったようで、ゴミが溜り、雑草が生えてたりと、あまり良い状況ではありませんでした。

そして、排水口周りは、とても雨漏りすることが多い箇所でもあります。

ましてや、ご依頼者の方のお家では、排水された雨水を通す配管が建物の中(天井裏)を通っていたため、

非常に怪しい箇所でもありました。

続いて、他にも怪しい箇所がないか、調査を続けます。

すると、怪しい排水口の隣に、劣化によって瓦が複数箇所割れてしまっている屋根を発見です。

築30年以上経つとのことですが、一度も屋根は修理したことがないそうです。

そうなると、防水シートも劣化し、雨漏りしてもおかしくありません。

そこで、今回は屋上の防水工事と屋根の葺き替え工事での、雨漏り修理工事を提案させていただきました。

改修ドレン設置状況写真

屋上防水(ウレタン防水)工事完了後写真

既存瓦撤去後、防水シート設置写真

屋根の葺き替え工事後写真

今回のご依頼者の方のケースの様に、複数箇所で起きた雨漏りによって部屋内が濡れてしまうことがあります。

そういったところが、雨漏りの難しいところとも言えます。

そして、複数箇所で起きた雨漏りの場合、困るのが修理する業者選びです。

何社か探すのはとても大変です。

しかし、雨漏りレスキューでは、止められな雨漏りがありません。

そのために、様々な業種の職人が在籍しているため、何社かに分けて修理を依頼する必要がありません。

難しい雨漏りにお困りの方、他業者さんでなかなか良い答えをもらえず悩んでいる方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など

&nbsp