今回は複数箇所から雨漏りしていた修理工事の施工事例をご紹介します。

場所が東京都文京区です。

以前からお付き合いさせていただいてる管理会社様からの雨漏りについてのご相談でした。

各フロアずつにテナント様が入っているテナントビルで、3階で雨漏りしていました。(4階建)

まずは雨漏りしている場所を見させてもらうことに。

最初に案内されたのがトイレの窓枠です。

次に案内してもらった部屋では2箇所で雨漏りしていました。

両方とも部屋の隅の天井からです。

雨漏り箇所を確認したら雨漏りの原因箇所の特定をしていきます。

まずはトイレの窓枠からの雨漏りについてです。

サッシから雨漏りしていた場合、外壁の劣化していた箇所から水が入り込みそのままサッシ周りから雨漏りとして水が出てくることがとても多いです。しかし、雨漏りの難しいところは上にバルコニーなどがある場合はそのような場所からも雨漏りすることがあるためよく調べる必要があります。

今回の東京都文京区のお客様の物件では周りにバルコニーなどがあるのは確認できませんでした。

次に劣化している箇所を探していきます。

既存の外壁がタイル外壁でした。

タイル外壁の場合は見た目がきれいに見えるため見落としてしまいがちですが、タイルとタイルの隙間などにヒビ割れがないかよく調べる必要があります。

細かく調べていたらちょうど雨漏りしているサッシの上部に痛んでいる箇所を見つけることができました。

タイル外壁の劣化からの雨漏りの場合、補修工事(シリコン材を使った補修工事)で雨漏りを止めることはほとんどできません。とても雨漏りの再発が多いのが現状です。

原因は色々と考えられることがありますが、タイル面では見えない箇所がほとんどのため、タイル面用の下地材(プライマー)を使って塗装工事をするのが確実です。実際にたくさんの雨漏りを止めてきました。

次に天井からの雨漏りについての原因箇所の特定です。

雨漏り箇所(2箇所)の上には4階のバルコニーがありました。

1箇所の雨漏りに関しては上部に4階バルコニーの排水口がありました。

排水口周りの劣化やバルコニー全体の劣化も確認できたので、4階バルコニーの防水工事を行えば雨漏りを止めることができる判断はできました。

しかし、問題はもう1箇所の雨漏りについてです。

よく調べると、4階のフロアも絡んでいるため4階の確認も必要になってきました。(屋上から3階につたって雨漏りしている可能性があるため)。

見させてもらうと4階の天井からも雨漏りしているのが確認できました。

その上を見ると建物の屋上になっていて、3階・4階の雨漏り箇所の上に、劣化が進んでいる排水口がありました。

今回の雨漏り箇所すべてを止めるためには、雨漏りしている1面の塗装と、屋上・4階バルコニーの防水工事が必要なのが雨漏り調査の結果わかりました。

管理会社様含めオーナー様にもご理解をいただき修理工事の御依頼をいただきました。

施工完工後の写真です。

まずは、塗装した面の写真です。

次に、4階バルコニーと屋上の防水工事の写真になります。

雨漏りレスキューでは、雨漏りしている箇所を確実に止める修理内容のご提案をさせていただいております。

雨漏りが止まるかわからないような修理内容のご提案も当然しませんし、必要のない箇所の塗装工事や防水工事の御提案もしておりません。

雨漏りにお困りの方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい。

確実に雨漏りを止められる内容での修理工事をご提案させていただきます。

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など