今回は、瓦葺き屋根の修理工事をご紹介したいと思います。

千葉県千葉市緑区のK様は、2階建ての木造住宅に住んでいます。

去年の台風15号の影響を受けてしまい、あちこちの屋根材(瓦)が飛んでしまいました。

被害を受けた次の日の朝、屋根を見てびっくりした千葉県千葉市緑区のK様は、家族総出でさらに親戚の方にも

応援で駆けつけてもらい、ブルーシートなどを使った応急処置をしました。

そして、ひと段落ついたところで、屋根の修理ができる業者を探すことになり、比較的早く伺うことのできた

雨漏りレスキューにご依頼をいただきました。

現場を見て思ったのが、やはり瓦屋根は強い風には弱いということと、瓦自体がとても重いので危ないということでした。

様々な屋根材には、それぞれの長所や短所があるので、どれが一番なのかは言えませんが強風をもろに受ける立地条件

では、瓦屋根は怖いと思います。

そこで、強風や地震に強いガルバリウム鋼板の屋根への葺き替え工事を提案させていただいたのですが、

現状で雨漏りしていないことと、思ったほどの保険金が支払われなかったこともあり、今回はめくれてしまった瓦の

交換工事でご依頼をいただきました。

実は、火災保険にも種類があり、大きな被害を受けても見舞金程度しか支払われないことがよくあります。

共済金関係の火災保険では、その様なケースが多いですがその分支払う保険金が安いため、仕方のないことだと思います。

しかし、そういった事実を知らずに、被害を受けた後になって気が付く方が多いのも事実です。

保険会社の人は、そこまで細かく説明はしてくれません。

何かあった時に自分の家を守るためにも、一度、保険の加入状況を見直すのも良いかもしれません。

では、施工事例をご紹介していきます。

今回の屋根の修理工事では、下地材のコンパネ板の新規作成や防水シート(アスファルトルーフィングシート)の

張り替え工事をやらないので、基本的には割れてしまった瓦を撤去して新しい瓦を差し替える簡単な内容の修理工事

になります。

しかし、高所での作業になり危険が伴いますし、ただ単に瓦を差し替えるだけだと誰でもできるように思われがちですが、

実は瓦と瓦は複雑に重なり合っているため、素人が手を出すと元に戻らなくなります。そのため、必ず専門の業者に

お願いしましょう。

応急処置で使われたガムテープの跡は、特殊な薬品を使えば綺麗に落とすことはできますが、無駄な費用をかけたくないとのことでしたので、今回はそのままで終わることになりました。

雨漏りレスキューには、瓦屋根の修理工事に慣れている職人も在籍しています。

瓦屋根でのお悩みの方はご相談下さい。

 

会社概要

 

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など