今回は、工場や倉庫などでよく見られれる、折半屋根と呼ばれる屋根での雨漏りをご紹介したいと思います。

今回ご依頼頂いた方は、以前にお世話になりました、浦安市の自社ビルをお持ちの企業様の方です。

雨漏りしている建物が、従業員のみなさんが休憩を取る場所で、以前修理させていただきました建物とは違う建物となります。

まずは、雨漏り箇所の確認です。

今回も前回と同様、複数箇所で雨漏りが起きていました。

全て同じフロアの天井で起きている雨漏りでした。

建物は鉄骨造の2階建てとなっています。

雨漏り箇所の確認が終わったら、屋根に上がり、早速、雨漏りの原因箇所が何処か調査開始です。

屋根は建物の全体を覆うような形となっており、かなりの広さの折半屋根となっていました。

調査していると、何か所か錆びてしまった箇所を見つけました。

しかし、他には目立つ劣化や錆びてしまった箇所は見当たりませんでした。

それもそのはず、折半屋根の雨漏りの場合、下の写真の様に、屋根材のつなぎ目(ジョイント箇所)やボルトナットから雨漏りします。そのため、見た目では原因箇所がわかりにくいのが特徴となっています。

では、どのような方法で雨漏りを止めていくかです。

折半屋根の雨漏り修理の場合、いくつか方法があります。

まずは、100%雨漏りを止める方法の折半屋根を新しくする方法です。いわゆる屋根の葺き替え工事です。しかし、既存の折半屋根が錆びて穴だらけにでもなっていない限り、そこまで大掛かりな工事をする必要はありません。

なぜなら、一般住宅での屋根の葺き替え工事と違って、屋根材の下に防水シートなどが貼ってある訳ではないからです。要は下に雨水が入っていかないようにすれば良いのです。

次に確実に雨漏りを止める修理方法として、つなぎ目をシーリング材でしっかりと埋めて、上からウレタン防水を塗膜する方法です。

折半屋根は金属となっていますが、下地材のプライマーをしっかり選べば、ウレタン防水を塗膜することができます。

しかし、今回の屋根の広さをウレタン防水を塗膜すると、かなりの高額見積りになってしまいます。

そのため、金額との折り合いがつかず、諦めてしまう方も、結構いらっしゃいました。

そのような方のために、少額での工事代金で雨漏りを止める方法があります。

補修工事となり、長期的な雨漏り再発保証はありませんが、つなぎ目をアルミテープで止めていく方法です。そして、補修工事後に、散水調査を行い、確実に雨漏りが止まったか確認するまでをセットとしている修理方法ですので、安心出来る補修工事となっております。

今回のご依頼者の方も、そういった内容での雨漏り修理をご希望されていたので、修理させていただきました。

補修後写真

工事に掛かる金額は、およそ10万円位となっております。あくまで、今現在起きている雨漏りを止めるための範囲しか修理することは出来ない内容となっていますが、見積り内容によっては、屋根全体のつなぎ目箇所に補修を入れることも可能です。

雨漏りを止めるためには、様々な方法があります。今回のケースのように、本来数百万円もするような内容の雨漏りでも、このように数十万円で止めることもできます。

他社さんの高額見積りで諦めかけていた方は是非、一度雨漏りレスキューにご相談下さい!

今回の工事料金:100.000円

今回の工事日数:1日間

雨漏り再発保証期間:なし(1年以内の再発は無料再調査)

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など