みなさんのお家の屋根はどういった形状の屋根ですか?

屋根にも様々な形があります。

今の日本の戸建て住宅で一番多いと言われてるスレート屋根や、昔からある瓦屋根。

その他にも、平たんな造りの陸屋根など、様々な形状の、または様々な材質の屋根があります。

基本的には建物の構造に合わして屋根も造られていますが、勾配(傾斜)があまりない屋根の構造の場合は、瓦棒葺き屋根と言われる板金を使った屋根の造りになることがとても多いです。

この瓦棒葺き屋根。個人的には、耐久年数がとても長いと感じます。

お問合せをいただいた方に、ヒヤリングをさせていただくと、築30年近く経つといったお話をよく聞く気がします。

そんな瓦棒葺き屋根ですが、永久的に雨漏りがしないわけではありません。

当然、劣化が進めば雨漏りすることもありますし、劣化が目立つ箇所に台風などの強風が吹けば、屋根ごと飛ばされることもあります。

ある程度、家を経ててから時間が経つと葺き替え工事が必要になります。

そこで今回は、その瓦棒葺き屋根の葺き替え工事を、雨漏り箇所も含めてご紹介したいと思います。

エリアが、千葉市緑区エリアです。

2階建て、木造住宅での雨漏りでした。

「2階の天井で雨漏りしているので、大急ぎで見て欲しい。」

といったお問合せをいただきました。

ちなみに、瓦棒葺き屋根はこのような形状になっています。

屋根全体が板金(金属)になっているので、水を通すことがありません。

入り込むとすれば、縦に均等に設置させている心木の周りからですが、そうそう水が入り込むことはありませんし、防水シートが貼り込まれているので、なかなか雨漏りするところまでには至りません。

しかし、今回のご依頼者の方のお家の天井では確実に雨漏りしていました。(プライベートの事情があり、写真は載せれません。)

そして、雨漏りしている箇所の上を調査していると、穴が空いている箇所を発見です。

サビて、穴が空いてしまったようです。

板金は水を通さないので、様々な場所で雨漏りの修理に使われることがありますが、金属なのでサビてしまうとひとたまりもありません。

どうやら、ここから雨漏りしてしまっているようです。

ご依頼者の方にお話しをお聞きすると、築30年近く経つようで、一度も屋根を葺き替えたことはなかったそうです。

応急処置として、このサビで穴が開いている箇所に補修を入れれば、簡易的に雨漏りを止めることはできますが、何せ30年近く経つ屋根ですので、きちんと直すことをお勧めさせていただきました。(数年以内に取り壊し予定がある場合は、補修工事で済ますことも検討していただいております。)

後日、相見積もりの結果、工事代金の面でも良心的だった弊社にご依頼をいただきましたので、ここで施工事例をご紹介したいと思います。

瓦棒葺き屋根の葺き替え工事の場合、板金部分を心木と一緒に撤去していきます。

撤去後に下地の野地板を見ると、あちこちで雨漏りしているのがわかりました。

仮に補修工事で今回の雨漏りを止めれたとしても、次に別の場所で雨漏りするのは時間の問題でした。

次に、下地の野地板を上から被せるように設置していきます。

野地板を設置したら、防水シートを貼り込んでいきます。

屋根の雨漏りを守るのに、とても重要な工程となります。

完了後に、目で見て確認することができない下地の作成が完了したら、次は仕上げに取り掛かります。

いる一定の幅で心木を設置し、加工した板金(ガルバリウム鋼板)を防水シートの上に施工していきます。

心木キャップを取り付けたら施工完了です。

今回は、パラペット周りの板金も新しく交換させていただきました。

屋根からの雨漏りの場合、屋根の構造(形状)や築年数。また、今後のことを考慮すると、修理方法は様々です。

今回のご依頼者の方の様に、劣化によって屋根に穴が開いてしまい、今後も長く住む場合は、きちんとした修理(葺き替え)工事をお勧めしております。

人それぞれ状況が違いますが、雨漏りレスキューでは最善の方法をご提案させていただいております。

雨漏りにお困りの方や、工事代金を少しでも安く済ませた方は、地域最安値の雨漏りレスキューにご相談下さい!

年中無休で受け付けております。

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など

&nbsp