今回紹介する雨漏り修理事例は、2階建て木造住宅の大屋根で起きてしまった雨漏りです。

千葉県四街道市エリアの方からのご相談でした。

「2階天井に雨染みが出来ているので一度見て欲しい。」

といった内容でのお問合せをいただきました。

まずは現地調査です。

案内していただいた天井を見ると、雨漏りしているのが確認できました。

次は雨漏りの原因箇所の特定ですので、雨漏りしている天井の上(屋根)に上がって調査開始です。

ご依頼者の方の屋根は、一般的な瓦屋根でした。

まずは、割れている瓦や、ずれている瓦がないか細かく調査していきます。

屋根全体を調査した結果、目立つ瓦の割れやずれは確認できませんでした。

屋根からの雨漏りの場合、原因は瓦の下に貼ってある防水シートの劣化が主な原因です。

そのため、確実に雨漏りを止めるには、防水シートを貼り替える必要があります。

では、防水シートの貼り替えとは一体どのような工事になるのでしょうか?

「防水シートを貼り替えるだけなら、たいした工事じゃないんじゃない?」と思う方もいらしゃると思いますが、実はそれなりに大掛かりな工事になります。

まず、既存の瓦を一旦下に降ろします。その次に、野地板を貼り、防水シートを貼ります。

防水シートを張り終えたら、また降ろした瓦を元に戻すのですが、言ってしまえば新築で屋根を作るのと手間や工事に掛かる日数は、あまり変わらないと言えます。

むしろ、既存の瓦を降ろす点は、新築ではない工程のため、より手間が掛かっていると考えられます。

そのため、金額の高い工事となるため、すぐにはお願いできない方がたくさんいらしゃると思います。

しかし、雨漏りはなんとしてでも止めたいと思う方が、ほとんどではないでしょうか?

そこで、とても重要となってくるのが屋根のどの部分で雨漏りしているのかです。

雨漏りしている箇所を細かく調査することができれば、大掛かりな修理工事をしなくても雨漏りを止めることができるケースもあります。

その場合は、屋根裏から確認するのが一番です。

今回のご依頼者の方の家では、屋根裏を確認することができました。

確認した結果、主に棟の部分から雨漏りしているのがわかりました。

棟の部分からの雨漏りの場合は、棟に詰め込まれている漆喰の劣化が主な原因となる場合が多いため、漆喰を塗り替えることで雨漏りを止めることができる場合もあります。

そして、今回のご依頼者の屋根の漆喰も大分劣化が進んでいたため、漆喰の塗り替え工事で雨漏りを修理することにしました。

修理に掛かった費用は、約90,000円。

雨漏りの原因箇所である防水シートを貼り替える工事は行っていないため、長期的な再発保証期間は付くことはできませんが、無事雨漏りは止まったとのことです。

雨漏りで困った時に、屋根の専門業者に依頼すると屋根の葺き替え工事を勧められますが、雨漏りレスキューは、雨漏りの専門業者ですので、必要最低限での修理内容でのご提案が可能です。

他社さんの高額見積りなどでお悩みの方は一度雨漏りレスキューにご相談下さい!

会社概要

会社名 サポートワークス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など