今回は、台風によって破損してしまった箇所の修繕工事と雨漏り修理工事、両方をご紹介したいと思います。

エリアが、千葉県船橋市地区からのご依頼です。

「台風の影響を受けてしまい、屋根の周りの板が飛んでしまった。近隣の方に迷惑を掛けるとまずいので、修理して欲しい。」

といった内容のお問合せでした。

日程調整を行い、まずは、現地の調査からです。

お問い合わせをいただいた、住所に着くと、すぐに破損している箇所がわかりました。

軒天が外れ落ち、幕板と雨樋も外れかけてしまい、大変危険な状況でした。

ご依頼者の方がおっしゃっる通り、このままでは近隣の方に迷惑をかけてしまいそうです。

また、最悪の場合、けが人を出す可能性もあるため、急いで修理しなければなりませんでした。

しかし、ここまで軒天や幕板が劣化して外れてしまうには、他に原因がありそうでした。

例えば、屋根から雨漏りしていて、その影響で周りが腐ってしまったなどです。

その旨をご依頼者の方にお伝えすると、実は、2階の天井で数年前から雨漏りしているとのことでした。

早速、雨漏り箇所を見させていただきました。

すると、雨漏りによって天井板が染みているのを発見です。

しかも、部屋内からの確認によると、大分雨漏りしているのがわかります。

次は、屋根の状況確認です。

屋根に上がってみると、ビックリしました。

劣化によって、屋根に穴が開いてしまっています!

これでは、雨漏りしてもおかしくありません。

どうやら、この穴が開いた箇所が原因で、雨漏りや軒天・幕板の飛散につながったようです。

今回のケース、まずは屋根をきちんと修理し、それから軒天や幕板の復旧作業に取り掛かる必要があります。

なぜなら、軒天や幕板のみを修理しても、下地がまた腐食して、同じことになってしまうからです。

それでは、施工事例のご紹介です。

まずは、屋根の修理工事からです。

既存の屋根を剥がし、下地となるコンパネ板を貼りつけていきます。

次に、防水シート(アスファルトルーフィングシート)を貼ります。

そして、仕上げの施工です。

今回の屋根は、勾配があまり無いため、既存と同じく瓦棒葺き屋根に仕上げました。

屋根の修理工事(葺き替え工事)が終わったら、軒天や幕板の復旧工事です。

最初に、下地の補強作業です。

大工工事で下地を補強していきます。

次に、外れてしまった軒天・幕板箇所にもコンパネ板で補強していきます。

下地の補強作業が終わったら、建物全体の軒天・幕板箇所にガルバリウム鋼板の板金を被せて、施工完了です。

ガルバリウム鋼板は、とてもサビにくい材料ですので、リフォーム工事ではとてもお勧めです。

今回の修繕工事のように、屋根の工事や大工工事、それから板金工事を弊社では、一貫して行うことができます。

雨漏りでお困りの方や、外壁・屋根の修繕工事でお悩みの方は是非雨漏りレスキューにご相談下さい!

年中無休で受け付けております!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など