外壁のひび割れ箇所からの雨漏り修理工事を、今回はご紹介したいと思います。

エリアが、東京都世田谷区です。

5階建て鉄骨造の建物、5階での雨漏りでした。

雨漏りしている物件の管理会社の方からのご相談で、「窓枠周りで雨漏りしている」とのことでした。

現地で確認したところ、窓枠の左側に雨漏りしているのが確認出来ました。

ベランダから雨漏りしている箇所を見ることが出来たので、外壁を調査することに・・・

すると、雨漏りしている箇所の丁度真裏にひび割れが出来ているのを発見です!

これだけのひび割れが出来ていれば、雨漏りしてもおかしくありません。

5階の外壁で起きてる雨漏りの場合、安全対策のために足場を組まないと修理することが難しい場合が多いですが、今回は、ベランダから手の届く位置での修理が可能でした。

モルタル仕上げの外壁のため、目に見えるひび割れ箇所に補修を入れることによって雨漏りを止めることが出来ましたが、管理会社さんと、この物件の大家さんのご希望により、確実に雨漏りを止める方法で修理することになりました。

修理方法は、ひび割れ箇所に補修をしっかりと入れてから、シリコン塗装する内容になります。

外壁の塗装工事で必要な仮設工事(足場)が今回は必要ないため、費用面でもかなり安く修理することが出来そうですw

まずは、外壁の洗浄です。

きれいに汚れやほこり、苔を落とします。

汚れやほこり等が残ると、塗料が密着せず施工不良の原因になるため、とても重要な工程になります。

次に、窓やベランダの防水層に養生をします。塗料が飛び散っても汚さない為です。

養生が終わったら、窓枠周りのシール打ち工事です。

プライマー(下地材)を塗って、乾かしたらシールを打ちます。

そして、今回の雨漏り修理工事で一番大事なひび割れ箇所に補修を入れていきます。

窓枠周りのシール打ちと同様に、プライマーを塗り、乾いたら補修を入れます。

下地の補修工事が終わったら、塗装工事に入ります。

下地塗装(プライマー)後に、シリコン塗料を2回塗ります。いわゆる3回塗りです。

塗装工事が終わり、養生を撤去したら完了です。

今回のように、部分的な塗装工事での雨漏り修理工事も受けております。

雨漏りしている箇所によっては、足場を組まないでも、きちんとした保証期間の付く塗装工事を行うことが出来ます。

もし、雨漏りを止めるための修理工事で高額な見積り内容のため、すぐに修理することをあきらめてしまった方がいましたら、雨漏りレスキューにご相談下さい。

お客様にとって最善な形での雨漏り修理工事をご提案することをお約束します!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など