今回は、去年の台風の影響を受けてしまったアパート(集合住宅)での屋根葺き替え工事をご紹介したいと思います。

場所は、千葉県千葉市若葉区です。

台風の強風の影響により、部分的に屋根材(瓦)が飛んでしまい下地材(アスファルトルーフィングシート)がまる見えになって

ました。

他にも棟が崩れてしまい、補修でどうにかなる状況ではなくなってしまいました。

たくさんの瓦も割れてしまっている状況でもあります。

この割れた瓦の隙間から雨が降れば、水が流れてしまい雨漏りしてしまいますし、実際いくつかの部屋で雨漏りしていました。

そこで、火災保険を使って屋根を修理したいと、このアパートの管理会社の方からご相談があり、実際に風災被害を受けて

しまっていたので、火災保険を使って屋根を修理しました。

修理の内容は、屋根の葺き替え工事です。

瓦屋根は強風に弱い上に、この千葉県千葉市若葉区の立地上、風が吹くと影響を受けやすい場所だったため、

今後のことを考えた上でガルバリウム鋼板の屋根に葺き替えることになりました。

ガルバリウム鋼板の屋根には、沢山のメッリトがあります。

例えば、強風に強いことや屋根材が軽いことから地震にも強いですし、年数の経っている建物では、今後の耐久性を

考えた上で建物自体を軽くすることにもなります。

ただし、そこまで安い工事ではないことがデメリットとも言えます。

そのため、台風の影響で火災保険が適応された場合は少し実費での負担があったとしても思い切ってガルバリウム鋼板の屋根に

葺き替えてしまうことをお勧めします。

では、施工の流れを説明していきます。

まずは、既存の屋根材をすべて降ろしてしまいます。

そして、屋根材を降ろしたらコンパネ板を使って屋根の下地を新規で作成していきます。

コンパネ板を使った下地の新規作成ができたら、次は屋根を雨漏りから守るために重要な防水シート(アスファルトルーフィング

シート)をしっかりと被せていきます。隙間を作らないようにと、とても大事な作業になります。

ここまで工事が終わったらガルバリウム鋼板の屋根材を葺いていきます。

この様な谷になっている箇所は雨漏りすることが多いため、専用の材料を使って施工していきます。

屋根と外壁との境目は雨水が入らいないような施工をします。

屋根全体をガルバリウム鋼板の屋根材で葺き終えたら、施工完工です。

雨漏りレスキューでは、こういったアパート(集合住宅)の修理工事も受けていますので、

施工業者がいないなどでお困りの管理会社さんも一度ご相談下さい。

年中無休で受け付けています!

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など