今回は商業施設で起きた雨漏りの修理工事をご紹介します。

場所が千葉県成田市になります。

参道が目の前のとても人で賑わうすばらしい場所です。

お問い合わせをいただいたご依頼者の方は雨漏りしている建物の管理会社の方でした。

3階建ての建物で、主に3階で雨漏りしているとのことでしたので、ご依頼者との日程調整を行い、早速雨漏りの調査へ伺いました。

まずは、雨漏り箇所の確認からです。案内された3階のフロアの天井であちこちに雨漏りのシミ跡があるのを見つけました。どうやら雨漏りしている箇所は1箇所ではないようです。

天井板が黒くなってしまっています。

こちらの天井板にも水のシミ跡が、、、

天井から壁に水がつたっていました。

この雨漏り箇所が確認できたフロアの上は屋上になってます。屋上に上がり雨漏りの原因箇所を特定するための調査開始です。

全体を見てみるとアスファルト防水に覆われている屋上であることがわかりました。全体的にかなりの劣化が進んでいるのが見てわかります。

既存のアスファルト防水が今にも剥がれそうな状態です。

変形してしまってます。

水が含んでしまい苔や雑草の生えている箇所も、、、

細かく雨漏り箇所を確認しながら調査を進めると、雨漏り箇所の上部に防水のドレンがあったりしましたが、雨漏り箇所が複数箇所あることや劣化がかなり激しいこともあり、正直なところ補修工事などの小手先の修理では雨漏りを止めることは出来そうにありません。ちゃんとした防水工事を行う必要があります。

修理の内容ですが、既存がアスファルト防水の場合は上からウレタン防水を塗ることは出来ません。理由としては相性がとても悪くウレタン防水がアスファルト防水に密着しないからです。そうなると雨漏りが再発する可能性が出てくるために雨漏り再発保証期間を設けることが出来なくなるためです。(雨漏りレスキューでは補修工事以外には雨漏りの再発保証期間が必ず付きます。

そこで考えたのが、既存と同じアスファルト防水工事で修理することでした。耐久年数もとても良く長期にわたって雨漏りから建物を守ることができます。しかし、現場調査を続けてく上で問題になる箇所が目につきました。それは数多くの配管があることです。

配管を支えている架台を持ち上げて防水工事を行っていくのですが、アスファルト防水は厚みがあります。その厚みが原因で持ち上げた架台との隙間にアスファルト防水が入らない可能性が出てきたのです。もし架台との隙間に入らなければ防水工事が出来ません。そこで考えたのがシート防水工事です。既存の上からシート防水を新規で貼っていく工事でした。当然雨漏り再発に10年間の保証を付けることのできる修理工事ですので、ご依頼者の方にも理解していただきました。では、施工事例の写真を何枚かご紹介したいと思います。

ケレン清掃後

既存防水層撤去(立ち上がり)

仮防水・下地調整

絶縁シート貼込

IHディスク取付

IHディスク熱融着

施工完工

今回の防水工事では既存の立ち上がり箇所を撤去してからシートを貼っていきました。シートはIHディスクと呼ばれる材料を使い熱で溶かし融着します。その他には室外機が設置されている箇所などはウレタン防水で仕上げました。

雨漏りレスキューは様々な防水工事に対応できる職人がいます。あらゆる改修工事にも対応できますので、雨漏りでお困りな方や防水工事を考えている方はご相談下さい。

年中無休で受け付けてます。また当日での調査も可能ですので一度ご相談下さい。

会社概要

 

会社名 サポートワークス
代表 青木真季子
所在地 〒260-0844 千葉県千葉市中央区千葉寺47-1
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など