今回は、東京都目黒区のA様のお家で発生した雨漏りから、雨漏りの原因と雨漏りを止めるために必要な修理方法を説明したいと思います。

東京都目黒区のA様のご自宅は、築20年で、3階建の鉄骨造です。

2階から3階はアパートとして貸しに出されていました。

雨漏り箇所は1階の寝室のサッシ周りからでした。

1階は東京都目黒区のA様が住んでいるお部屋でしたので、幸いにも入居者さんからのクレームにはならずに済んでいました。

しかし、雨漏りしているとどうしても不安になってしまうもので、お電話でのご相談の時点では、何とか補修程度の修理で直して欲しいとのことでした。

現場を調査させてもらうと、雨漏りの原因が外壁の経年劣化から引き起こしてしまったひび割れ(クラック)によるものです。

 

東京都目黒区のA様のご自宅はタイル面とALC外壁を使った建物でした。

ちなみに、雨漏りしてる外壁はALC外壁の面で、ALC外壁は軽量気泡コンクリートと呼ばれるコンクリートの1種ですので、ヒビ割れ(クラック)が外壁にできてしまってる場合はそこから雨水が入り込み、やがて雨漏りになってしまいます。

東京都目黒区のA様の場合、補修工事で何とかしようとした場合、明らかに目で見てわかる劣化やヒビ割れ箇所にコーキング剤などで埋めてしまう方法しかありません。

しかし、雨漏りしてしまっている外壁面がお隣の方のお家との幅が非常に狭いため梯子を掛けての作業ができませんでした。

 

仮に梯子を掛けれたとしても建物が3階まである場合は梯子が届かなく全てのヒビ割れ箇所に補修を入れることができずに中途半端な作業で終わってしまい確実に雨漏りを止めれるとは言えないためお勧めはできませんでした。

外壁からの雨漏りの場合は経年劣化が主な原因であることがほとんどです。

確実に雨漏りを止めて再発に10年間の保証をお付けするとなると、やはり塗装工事を一度キチンとしなければ保証はできません。

特にALC外壁は、セメントでできてるために水分を吸収しやすい材質です。

水分がALCの中に入ってしまうと中の気泡に水が入り込んでしまい、特に冬の寒い時期は入った水が凍結してしまいます。

そして、凍結してしまった水が膨張しヒビ割れの現象が起こってしまうのです。

逆に言えば塗装工事をしっかりと行えば雨漏りを止めることはできます。

ALC外壁は、断熱性や耐久性が高いなどのメリットが多いのですが、定期的なメンテナンスが必要な材質でもあるため、雨漏りしてしまった場合は塗装工事をして雨漏りの悩みを解消しましょう。

年中無休で受け付けております!

会社概要

会社名 S・Aサービス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0843 千葉県千葉市中央区末広2-2-19末広サンフレアB棟301
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など