千葉市緑区のMさんのお家では、約5〜6年前に外壁塗装工事をしたそうです。そんなにグレードの低くない塗料を使用していれば耐久年数は10年位持つと言われています。しかし、Mさんのお家は建物のあちこちにヒビ割れやカビ、汚れなどがひどく目立ちます。おそらく悪徳業者に騙されてしまったのでしょう。

そのおかげで雨漏りしてしいまい、また外壁の塗装工事をすることになってしまったのです。工事費用がものすごくもったいなく感じられます。外壁塗装工事は決して費用が安価な工事ではありません。

今回は外壁の塗装工事についてお話ししたいと思います。
外壁塗装工事は、一般住宅でも50万円〜100万円以上費用のかかってしまう工事になってきます。

簡単な工事の流れを説明しますと、足場を組み養生をして高圧洗浄をかけて建物全体をきれいにます。それから下地材を塗り、本塗を必ず2回塗ります。

使われてる塗料も様々ありますが、一般的に使用されているものはシリコン塗料です。この塗料はメーカーの耐久年数も10年とされておりしっかりとした施工がされていればその位は持つものです。1番グレードの低いアクリル塗料と言われるものは5年から長く持っても7年位です。また、使われる塗料が水性塗料なのか油性塗料かで手間が変わってきてしまい工事費用も変わってきてしまいますが、使う塗料がアクリル塗料からシリコン塗料に変えたところで工事代金が倍近く変わるような事はありません。

1番耐久年数の長いフッ素塗料は15年〜20年は長持ちすると言われてますが塗料自体が高額のため工事代金も高額になります。その分耐久性能は抜群です。

まずは、見積もりの内容を良く見て、一体何の塗料が使われるのか?施工会社に一度しっかりと確認しましょう。
先ほども書きましたが外壁の塗装工事は安価な工事ではありません。足場だけでも20万円近くしますし、しっかりとした工事をする必要があります。

他業者で、雨漏りを止めるためにわざわざ足場を組み建物全体にできてしまったヒビ割れ(クラック)をコーキング剤で補修をすれば十分と説明する施工会社もいるそうです。

一般の方からすると、そのような説明をされると納得してしまい安価な工事内容に魅力を感じ、肝心な雨漏りも止まるならと契約してしまう方も中にはいらっしゃいます。

しかし、建物を長く維持していくためには約10年に一度外壁塗装工事は必要です。その必要な工事には足場代も必ずかかってきてしまいますし、無駄な経費になってきてしまうのです。

そのような無駄な出費を抑えるためにも、外壁の塗装工事にはしっかりとした施工依頼をお願いし10年間の保証の付いた業者を選びましょう。

その他にも、安さが売りの施工会社もあります。その様な業者は注意が必要です。

一般的には100万円前後が適正価格のお家にも関わらず50万円前後で塗装工事をしてしまうのです。

理由に挙げられるのは、

  1. 塗料を必要以上に薄めて使ってしまう。
  2. 人件費をあまりかけずに工事を仕上げてしまう。

などが考えられます。

  1. この場合、混ぜ合わせる分量が決まっているにもかかわらず、安く塗装を済ませるために薄めてしまうのです。そうなると、最初の2、3年は分かりませんがそれ以上年数が経つと光沢が落ちてきたりポロポロと塗装が剥がれてくることがあります。本来は10年位持つ塗装工事で、せっかく足場も組んだのにまたやり直すと費用もかかりますし納得できないと思います。
  2. しっかりとした塗料を正しい分量で混ぜ合わせたものを塗るだけが塗装工事ではありません。もちろん見た目をきれいにする目的はありますが、実は外壁の塗装工事の場合、外部からの雨水などを建物の中に侵入させない目的もあります。そのためには熟練の職人たちが建物を細かくチェックし、劣化してしまってる部分などに補修を入れます。例えば、建物の造りにもよりますが目地などがある場合は、一度きれいに目地を打ち直してから塗料を塗っていきます。その他にもサッシ廻り等は年数が経ち、劣化してくるとシールがだめになってしまい隙間ができてしまったりすることがあります。そういった箇所が発見された場合は細かく補修を入れます。安価な施工業者の場合、そういった手間は省かないと工事する事ができません。そのために、どうしても人件費を削減しざるを得ないのです。

また、お客さんの方からの過度な値下げ交渉もあまり良くありません。当社の場合、雨漏りの再発にも保証を付けています。

そのため、人件費や手間などはどうしてもかかってきてしまいます。

相見積もり等を取り、その内容から値下げ交渉されると省かなくてはいけない手間や最悪の場合塗料を薄めるなど建物にとって良くないことをしなくてはならない可能性が出てくるのです。

もちろん、当社の場合はそういった内容ではご依頼を引き受ける事はできません。雨漏りに対して保証を付けている以上、再発が起きた場合大変だからです。

しかし、そういった内容を理解した上で工事依頼を引き受ける業者はたくさんいます。

お客様の方から過度な値下げ交渉をされて契約された場合、そのような内容で工事を請け負った業者さんは悪徳業者とは言えません。お客さんの方から依頼した内容での施工ですし契約内容にもよりますが、雨漏りの再発や施工完了後の比較的早い段階での塗料の劣化や剥がれがあったとしても施工会社を責める事はできないのです。

安く工事をしたい気持ちはわかります。安い物にはそれなりの理由はあります。しっかりとした適正価格を見つめ信頼のできる施工会社を選びましょう。

外壁の塗装工事をするときは、本来屋根の塗装工事も一緒にやってしまった方が経済的にもお得です。知らない方も多いのですが、スレート屋根(コロニアル)の場合は塗装工事が同じく必要です。屋根も塗装工事をしないで放っておくと雨漏りの原因にもなりますし、お家の中が湿気で夏場は蒸し暑くなってしまい冬場は寒くなってきてします。

別々で塗装工事をしていくことになると足場代が大変無駄になってしまうのです。単純に考えても外壁と屋根を同時に塗装する人に比べて倍です。

ましてや、屋根の傾斜がきついお家の場合は屋根足場と言って一般的な外装部分を塗装工事をするときに組み立てる足場と違い、料金も高くなってきます。その分の費用をドブに捨てるようなものです!

前回、塗装工事をした時に使われた塗料が外壁にはフッ素塗料を使い屋根の塗装には別の塗料を使ったため耐久年数に違いが出てしまった場合などは仕方がないとは思います。

しかし、一般的には耐久年数の近い塗料をそれぞれ外壁や屋根にも使っていると思いますので塗装工事をするときは一緒にやってしまうことをお勧めします。

外壁の塗装工事は建物を守ってく上で必要不可欠な工事です。今現在、雨漏りが起きている建物の場合は早急な修理工事が必要です。

そのまま修理しないままでいると、建物の中にまで雨水が入ってしまい必要のない工事をする事になるかもしれないのです。例えば壁紙の貼り替えや工事や、天井板の交換工事です。

運が悪いと漏電を引き起こしてしまい大変危険な状況にもなりかねません。

施工会社を探すのに時間の余裕が無さ過ぎるのも良くはありません。

物件を賃貸に出されてる大家さんが、急な雨漏りによって住まわれてる方から修理を急かされる事はよくあることです。

しかし、工事内容をちゃんと確認しなかったために悪徳業者と契約してしまったら大変です!

その様なトラブルに合わないためにも定期的な点検、そして時間や金銭的な部分でも余裕を持って信用のできる施工業者を探しましょう。

弊社は見積もり、調査は無料です。雨漏りされてる方や外壁の塗装をお考えの方は一度ご連絡下さい!

24時間無休で受付ております!

また、電話以外でもFAXやメールでもお受けしております。

会社概要

会社名 S・Aサービス
代表 青木真一朗
所在地 〒261-0011 千葉県千葉市美浜区真砂2-15-3-A201
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など